Home>週刊myfood>大井純子/YOME@アメリカごはん>YOME@アメリカごはんVol.1 フルーツスパークリングワインとクッキー

週刊myfood...様々な視点からアメリカの食文化、食情報を4つのコラムで紹介します。

大井純子/YOME@アメリカごはん

YOME@アメリカごはんVol.1 フルーツスパークリングワインとクッキー

img:フルーツスパークリングワインとクッキー

12月は、日本もNYも世界中、きっとたくさんの場所がクリスマスカラー。
NYでは、平日、休日、お昼、夜を問わず、お友達を呼んで、クリスマスパーティをしていました。
"外は寒いから、お家でお茶しない?"が、ランチパーティ、ティーパーティ・・・になるのが12月。
気負わず、おしゃべりを長く楽しみたいから集まる、アメリカのパーティ好きな空気が大好きでした。

今回のレシピは、そんな時によく作った食前酒とクッキー。
スパークリングワインに好みの果物を入れて乾杯します。
1年中路地で売られている新鮮なNYのリンゴをすりおろして、角切りにしてよく入れました。無農薬なので皮ごと。
そして、日本の香りも少し感じて欲しくて、柚子も少し絞ります。


"この香り、なあに?"
"レモンより 大人の味ね"
"エキゾチックな香り!"

途端に会話がはずみます。
"これは日本の冬の味、・・・でね・・・"
食前酒はこうじゃなくっちゃね♪
でも最近では、アメリカでも柚子の風味は良く知られるようになったみたい。

クッキーはお友達に教えてもらった大切なレシピ。
上白糖とブラウンシュガーが入るから、バターとショートニングが入るから、深い甘い香りでサクサクなのです。
これを作る度にアメリカを思い出します。

あとは皆で準備しながらまた乾杯。
そこに"会いたい人"がいれば、すぐにパーティが始まるアメリカ。
12月は、1年で1番会いたい人に会える月かな、と思っています。

フルーツスパークリングワイン(りんごと柚子)のレシピはこちら
チョコチップクッキーのレシピはこちら