Home>週刊myfood>クローズアップインタビュー>第二十回:カリスマ料理ブロガー、ヤミーさんに聞くカルローズの魅力

週刊myfood...様々な視点からアメリカの食文化、食情報を4つのコラムで紹介します。

クローズアップインタビュー

クローズアップインタビューVol.20 カリスマ料理ブロガー、ヤミーさんに聞くカルローズの魅力

クローズアップインタビューVol.20 カリスマ料理ブロガー、ヤミーさんに聞くカルローズの魅力

クローズアップインタビュー第20回目のゲストはmyfoodでもレシピをご紹介したジャンバラヤ・オリジナルレシピ・コンテスト2010で審査員をつとめ、またカリスマ料理ブロガーとしてテレビ、料理本の出版などでも活躍中のヤミーさんにご登場いただきました。

myfood:本日はお時間をお取りいただき、ありがとうございます。よろしくおねがいいたします。

ヤミー:こちらこそ、よろしくおねがいします。

myfood:まず最初にうかがいたいのですがHNのヤミーは英語のYummyからとられているんですよね?

ヤミー:そうです。子供言葉で「おいしい!」という意味ですが、ニュアンスとしては「おいちい」と言う感じでしょうか(笑)

myfood:どうしてその名前にしようと思われたんですか?

クローズアップインタビューVol.20 カリスマ料理ブロガー、ヤミーさんに聞くカルローズの魅力

ヤミー:美味しいものに出会うと、大人も子供も「Yummy!」ってとても幸せそうな顔をするんですよね。それがとてもいいな、と思って。そして言葉の響きも気に入っているのでこの名前にしました。

myfood:なるほど(笑)私もヤミーさんのレシピ本は持っているのですがヤミーさんのお料理は写真からでもその雰囲気が溢れていますよね。さてヤミーさんは食材を扱う会社でもお仕事され、テレビや料理本はもちろんですがブログでも美味しいお料理をご紹介されているわけですがお料理や食材選びで一番大切に思っているポイントって何ですか?

ヤミー:旬のものを活用することを大事にしています。

myfood:なるほど。具体的に何かありますか?

ヤミー:そうですねぇ、旬のものは味も良く価格も安いのが魅力ですが、その時期に人の体に必要な栄養が詰まっているので、その点も旬を意識するポイントですね。例えば冬野菜は体を温めて免疫力を高めますし、夏野菜は熱を冷ましますといったこととか。そういった自然の流れというのを大切にしています。

myfood:食養生という点も食べるということには大事ですよね。ヤミーさんのお料理は簡単で美味しい上に体にも優しく作られているっていうのとても素敵だと思います。ところで今回、コンテストの審査員やUSAライス連合会のレシピ開発などカルローズの魅力を発信していただいていますがカルローズについてはご存知でしたか?

ヤミー: はい、仕事先が輸入食材店なのでUSAライス連合会さんとのお仕事以前から知っていましたし、使っていました。

myfood:なるほど。どんな風な感想をお持ちですか?

クローズアップインタビューVol.20 カリスマ料理ブロガー、ヤミーさんに聞くカルローズの魅力

ヤミー:日本のお米と同じ中粒米なので似ている点が多いと思いますが、油との相性が良いので、やはり洋風の料理にむいている点が魅力だと思います。カルローズでピラフやパエリアを作ると、やはり仕上がりが良いです。

myfood:それはありますね。粘りがいい意味であまりないというか、そういったところですよね。

ヤミー:そうですね。あと旬もそうですが、基本的に料理を作る際にはその国の料理にはその国の食材が合うと思っています。ですからアメリカで食べられているお米料理を日本で作るときは、カルローズを使うととても合いますね。

myfood:なるほど、なるほど。そういった意味では一般的な日本人よりも様々な外国の食材が身近にある環境におられるわけですが、他のアメリカ食材に対してはどういった見方をされていますか?

ヤミー:おっしゃるように勤め先が輸入食材を扱っているところなのでアメリカの食材は日常よく利用します。そして他の海外の食品より高品質で安定していて使いやすいという印象があります。

myfood:それは心強い言葉で嬉しいです!特によく使われる食材などはありますか?

ヤミー:特に使うのはナッツやドライフルーツ類、そして缶詰です。缶詰は調理済みのソース、スープなどが多いですね。調理済みなので、ちょっとアレンジしてすぐに食べられるのが好きで、よく使用します。

myfood:確かにそうですね。そういったことも含め、アメリカの食文化に対してはどういった感想をお持ちですか?

ヤミー:多種多様で様々な食が混在しているのがとても魅力的だと思っています。大航海時代から始まった食文化の交流を感じる料理や食材が、いまも残っているのが面白いです。あとは今も日本食がドンドン浸透しているのを感じるので、これからも幅広く変化していくのではないでしょうか?

myfood:アメリカとひとくちにいっても大きな国ですからね。地域ごとの食文化を調べていくといろいろと特徴があって面白いですよね。

ヤミー:そうですね。アメリカには原住民の料理以外に独自の料理が無いようで、外から入ってきた料理をアメリカ各地の風土に合うように消化吸収して、新しい解釈の料理を作りだす、といった印象を持っています。

myfood:それは面白い見解ですね。確かにそういった面はあるかもしれないです。チーズなどはそういった面も顕著かもしれませんね。因みにヤミーさんのお店ではアメリカチーズの取り扱いはありますか?

クローズアップインタビューVol.20 カリスマ料理ブロガー、ヤミーさんに聞くカルローズの魅力   カリフォルニア州発祥のアメリカ・オリジナルチーズ、モントレージャックとそれにハラペーニョペッパーを加えたペッパージャック

ヤミー:クリームチーズはいくつかあるのと、モントレージャックやペッパージャックなどの取り扱いもあります。

myfood:何かおススメの食べ方とかありますか?

ヤミー:私はクリームチーズを良く食べるのですが、甘いスイーツにして食べるのではなくスパイスを合わせてピリッとスパイシーなディップにしたり、ホワイトソースに加えてコクを出したりなど料理に使います。あと、好きなのはサンドイッチを作るときにバターの代わりに使うこと。すっごく美味しいですよ。


クローズアップインタビューVol.20 カリスマ料理ブロガー、ヤミーさんに聞くカルローズの魅力

myfood:なるほど。今度やってみますね。さて今回、コンテストの入賞者の方達といっしょにカルローズの旅にいかれたわけですが、行く前と後とでアメリカの農業や食材などの農産物、そして食文化についての見方などが変わったということはありましたか?




クローズアップインタビューVol.20 カリスマ料理ブロガー、ヤミーさんに聞くカルローズの魅力

ヤミー:多くの日本人がそうだと思うのですが伺う前はアメリカの農業は、広大な土地にまかせた大雑把な農業という印象を私も持っていました。でも実際に米作りの現場を体験して、そうではないことが分かりましたね。長年研究をかさね、データを蓄積して、次の年にはより良いものにしようと努力がありましたし、効率よく高品質のものが作れるように作物の面からだけでなく、機械や生産の仕組みを整えている。だから、高品質で安定した作物が作れるのだろうと思います。

myfood:そうなんですよね。他には何かありましたか?

ヤミー:食文化に関しては、オーガニック食品への関心の高さに驚きました。食は健康につながるという意識がとても高いように思います。インスタント食品やファーストフードにあふれた生活、そして料理を作らない食文化、という認識でしたが、スーパーにはオーガニック食品がならび、キッチングッズや手軽に料理が作れるキット、これはインスタントではなくてちゃんと作るキットなんですけど、それがたくさんあったことも驚きでしたね。

myfood:何か買って帰ってらしたものとかありますか?

ヤミー:豆のスープミックスは色々と買ってきました。色とりどりの豆がミックスされて入っているのでとってもかわいいんです。ちょっと時間はかかりますが、お鍋でことことと煮るだけ。調味料が一緒に入っているので手間なしです。それとサフランライスやレッドビーンライスなどの米料理ミックス、パスタやスイーツのキットも買ってきました。

myfood:いかがでしたか?

ヤミー:まだすべてを試したわけではないんですが、とにかく色々と調味料や材料を取り揃えなくていいのが良いです。味は、とっても美味しい!とはいきませんが、普通に美味しいです。このレベルのものがこの手間で出来るならとってもありがたいと思いました。レトルト品よりはやはり美味しいですしね。

myfood:なるほど。ところで最後に伺いますが食関連でヤミーさんが今注目されていることってどんなことですか?

ヤミー:まず私自身調理に電子レンジをよく利用していますが、これは今後どんどん活用される調理方法だと思います。電子レンジ自体の機能やレンジ専用容器も多様化してきて、美味しい料理が手軽に作れるようになっていくのは、仕事をしながら美味しいものを作りたい私にとって嬉しい限りです。また、これに生鮮食品を加えるだけ、というような、ちょっと手を加えるだけで良いキット類に注目しています。先ほどもお話したように今回、アメリカでもいろいろと買ってきましたけど、もっとそういったものが増えるといいなと思っています。

myfood:アメリカのそういった商品には時々、目からうろこなものもありますよね。

ヤミー:そうかもしれないですね。日本の食文化では炊き立てのごはんやだしをとってお味噌汁を作るなど、手間をかける料理が一般的なせいか、手軽に出来るキット類がなかなか浸透しないように感じます。忙しい中でも手軽に料理が出来るキット類が充実するとよいな、と思っています。

myfood:そうですね!myfoodでも今後、そういったものも紹介していけたらと思います。またクリスマスレシピの際にご紹介させていただいたカルローズのメニューもとても美味しかったです。本日は本当にありがとうございました。

ヤミー:こちらこそありがとうございました。


ヤミーさんブログ: ☆★ 3STEP COOKING ★☆



鶏肉とカルローズのトースター焼き