Home> 特集記事> アメリカン ペールエール

アメリカン ペールエール



クラシックなアメリカンビールとして知られる他の多くのビールと同様に、アメリカン ペールエールも、そのスタイルのルーツを海外にたどることができます。アメリカン ペールエールは、イングリッシュ ペールエールから着想を得ていますが、イングリッシュ ペールエールの土やハーブの香りがするホップの代わりに、強い柑橘や松系の香りがするアメリカ品種のホップをふんだんに使っています。アメリカのビールの中で最も人気のある種類の1つであるペールエールを追跡するのはさほど難しいことではありません。しかし、この象徴的なスタイルについて、多くのアメリカのクラフトビール醸造所が実にさまざまな試みをしているため、アメリカン ペールエールについて知るために必要な全ての情報を1ページにまとめるのは不可能でしょう。とはいえ、最善を尽くすことにします。

フローラル、フルーティ、柑橘、松、樹脂の香りがするアメリカ品種のホップを特徴とするアメリカン ペールエールは、ローからミディアムのカラメル、トーストされたモルトを使ったミディアムボディのビールです。アメリカン ペールエールは、多種多様な料理と合わせるのに最適なビールのスタイルの1つです。サラダやチキンといった軽めの料理との相性がとても良く、一方、ボリュームたっぷりのチリ、チェダーなどの各種チーズ、蒸した二枚貝や魚などのシーフード、さらにはデザートとも一緒に楽しめます。アメリカン ペールエールが料理とうまく調和できる理由は成分のシンプルさにあります。成分には、トースティなペールモルト、クリーンな発酵のためのエールビール酵母などがあります。また、バランスの取れたアメリカ品種のホップがフレーバーを和らげ、口直しの役割をするため食事が進みます。

ペールエールのルーツは明らかにイギリスにあるのですが、アメリカ式のスタイルが生まれたのは、シエラネバダのペールエール誕生のおかげだと多くの人は考えています。このペールエールには、今日のウエストコーストスタイルのクラフトビールの代名詞ともいえるアメリカのカスケードホップと、クリーンな発酵のためのエール酵母が採用されています。ペールエールは、モルトとホップの程よいバランスによって、現在ビール愛飲家に最も飲まれている、親しみやすいビールの1つとなっています。


アメリカン ペールエールがアメリカのビール業界の主要製品であり続けているのは、常に進化しているからです。全国の独立系の醸造所が、クラフトビールのフレーバーに地元特有の成分を試すことによってクラシックなペールエールを日々練り直し、ビールの限界に挑戦しています。ペールエールの世界をさらに追求し、アメリカン ペールエールについてもっと知りたい方は、このサイトを引き続き探索してください。また、実際にビールを飲んでみることでアメリカン ペールエールの知識を広げてください。そして、本ウェブサイト(CraftBeer.com)のブルワリーマップを利用して、クラフトビール醸造所の所在地を調べてみてください。


カテゴリー:インディア ペールエール
6-14 SRM(色)
30-50 IBU(苦味)
4.4-5.4% ABV(アルコール)

フードペアリング
肉のローストまたはグリル
マイルドからミディアムのチェダー
アップルパイ

グラスと飲み頃温度
チューリップ型
45-55 °F

商品の例
スティックのペールエール、ブートストラップ・ブルーイング社
ペールエール、シエラネバダ
ミラーポンド、デシューツ・ブルワリー

外見
色/深い金色から銅色またはライトブラウン
透明度/透明からわずかな濁り
炭酸(ビジュアル)/中程度から速い泡立ち

フレーバー/アロマ
アルコール/検知不可能からマイルド
ホップ/ホップのアロマとフレーバーはミディアムからミディアムハイで、フルーティ、フローラル、柑橘系のアメリカ品種のホップのアロマを放つ。ホップの苦味はミディアムからミディアムハイ
モルト/ビスケット、ブレディ、カラメル
エステル/柑橘、トロピカルフルーツ、松
フェノール/このスタイルには一般的ではない

感覚
ボディ/ソフト
炭酸/ミディアムからハイ
後味の長さ/ショートからミディアム
発酵度/ミディアムからハイ

成分
ホップ/ホライズン、カスケード、センテニアル
モルト/ペール、カラメル、ミュンヘン 水/亜硫酸塩の含有量はさまざまだが、炭酸塩の含有量は比較的低く抑える
酵母/エール














IMG:アメリカン ペールエール