Home> 特集記事> アメリカン バーレーワイン

アメリカン バーレーワイン



アメリカン バーレーワインは、アンバーからコッパーガーネットの範囲の色合いです。多くの場合、モルトの強い甘味が残るとともに、カラメルやタフィーのアロマとフレーバーがモルトキャラクターの一部となっています。アルコールの繊細さが顕著に感じられます。また、フルーティ・エステルのキャラクターが強く出ることがよくあります。多くの米国製エールと同様に、アメリカン バーレーワイン エールは通常、英国製に比べてホップが効いており苦味が強めです。熟成による低度の酸化臭が他のフレーバーと調和し、全体的な味わいを引き立たせています。ヴィンテージビールとして販売されることもあります。

カテゴリー:ストロング エール
11-18 SRM(色)
60-100 IBU(苦味)
8.5-12.2% ABV(アルコール)

フードペアリング
ビーフチーク
ストロング ブルーチーズ
濃厚なデザート

グラスと飲み頃温度
スニフター
50-55 °F

商品の例
ビッグフット、シエラネバダ・ブルーイング社
オールド ナムスカル、エールスミス・ブルーイング社
トッド チョーカー・バーレーワイン、ナインバンド・ブルーイング社

外見
色/アンバーから深紅またはコッパーガーネット
透明度/透明からブリリアント
炭酸(ビジュアル)/遅いまたは中程度の泡立ち


フレーバー/アロマ
アルコール/顕著からホット
ホップ/ホップのアロマとフレーバーは中程度から非常に強い。ホップの苦味は強い。アメリカ品種のホップが多く使われるが、このスタイルに必要というわけではない
モルト/カラメル、タフィー、ブレディ、スイート
エステル/フルーティ・エステルのフレーバーが強いことが多い
フェノール/このスタイルには一般的ではない
発酵副産物/非常に低度のジアセチルは許容される

感覚
ボディ/マウスコーティングからスティッキー
炭酸/ローからミディアム
後味の長さ/ミディアムからロング
発酵度/ミディアム

成分
ホップ/マグナム、チヌーク、センテニアル、アマリロ
モルト/ペール、クリスタル、ペールチョコレート、スペシャル"B"
水/各種
酵母/エール














IMG:アメリカン バーレーワイン