Home> 特集記事> 季節のイベント 2009.10_02

event_p2_ttl.gif



昨今、日本でもすっかり年中行事として定着したハロウィン。最近ではアメリカ同様、ご近所の行事としてもハロウィンのイベントを行う地域が増え、ハロウィンの夜にはお子さんのいないお宅でも子供たちにお菓子を用意する光景も見られるようになりました。

そんなハロウィンのイベントはそもそもカトリックの諸聖人の日(万聖節)の前夜祭。ケルト人にとってはこの10月31日が日本でいうところの「大晦日」にあたり、この夜は死者が家族のもとを訪れたり、魔女や霊が出てくるといわれていました。そこから現代のハロウィンでよくみられる仮装のおばけや魔女などが来ています。そしてこのハロウィンをもっともよく象徴するものがオレンジのかぼちゃをくりぬいてつくるJack-o' lantern。魔女や霊を家に近付けないように玄関の外におかれます。またこれに因んでこの日はかぼちゃのスープやパンプキンパイなどかぼちゃ料理がテーブルに。今月のmyfoodでも大井さんが美味しいパンプキンパイレシピを紹介してくれますのでぜひ今年のハロウィンはみなさんのご家庭でも作ってみてくださいね。お子さんと一緒に黒とオレンジのチョコスプレーやカラフルなアイシングを使ってハロウィンに因んだモチーフのクッキーを作るのもいいですね。

そして子供たちにとって最大のイベントは思い思いの仮装をして大きな袋を手にもちご近所のおうちに「Trick or Treat!」といいながらお菓子を貰いにいく時間。迎える側はキャンディーやクッキー、チョコレートなどを用意して子供たちの訪問に備えます。中には健康的なおやつをとプルーンなどドライフルーツを用意するおたくもあります。

今年もほうぼうのお店でかわいいハロウィングッズが販売されています。ぜひ、オレンジと黒を基調としたハロウィンカラーでおうちもテーブルも飾ってみてくださいね。

  • もどる
  • 次へ
IMG:Halloween!