Home> 特集記事> 季節のイベント 2009.07_02

TITLE:Independence Day



日本人にとって最も大切な祝日が元旦なら、アメリカ人にとっては独立記念日がそれにあたるといっても過言ではないかもしれません。イギリス(グレートブリテン王国)により植民地登内されていた13の州の独立を以て、1776年7月4日に大陸会議によってアメリカの独立が採択され、その宣言の文書が「アメリカ独立宣言」。この日以来、アメリカでは7月4日を独立記念日として祝い、翌年より続いている独立記念日の花火も名物の一つとなっています。
この日は祝日なので各地でパレードなどお祝い行事が開催され、近年は日本人の優勝者が数多く出たことでも有名なネイサンズ交際ホッドドック早食い選手権もこの日に行われる恒例行事。因みにこの大会、そもそもの始まりは4人の移民が「誰が一番愛国心があるか?」をホットドックの早食いで競ったことからだそう。「愛国心(Patriotic Sprit)」「愛国者(Patriot)」という言葉は映画などでも多々登場する言葉ですがアメリカの人々が国を愛する姿は日本人がお手本にするべき素敵な姿勢ですね。

そんな中、今年誕生したオバマ政権が初めての独立記念日をどんなスタイルでお祝いするのかは注目の的。特にホワイトハウスで開催される独立記念日のディナーにどんなものが登場するのか?についてはミシェル夫人が手掛ける初の大晩餐会となるためドレスと共に注目が集まっています。
特にミシェル夫人は政権発足時から積極的に「Healthy Eating and Gardening Campaign」を推進。ホワイトハウスのお庭でブロッコリー、ほうれん草、スナップエンドウ、人参など数多くの野菜やハーブを育て公式に非公式にそれらを使った料理を登場させたり、またアメリカ国民の食生活が健康的でバランスのとれたものとなるよう呼びかけています。もちろんこれらの意向は独立記念日のディナーメニューにも反映される予定で、新しいアメリカのヘルシーで美味しいディナースタイルがどんなものなのになるのかホワイトハウスのテーブルから目が離せません。

  • もどる
  • 次へ
IMG:Independence Day