Home> 特集記事> 季節のイベント 2009.03_05

PTITLE:今月の特集:季節のイベント

TITLE:Spring has come!

そして3店舗目は西麻布にある"Furutoshi"。フレンチ出身のシェフが作る繊細で優雅なイタリアンとムードあふれるお店なので大事なデートにとてもお勧めのレストランです。レストランウェデイングもやっているのでワインのセレクトにこだわったウェディングもおもしろいかもしれません。夏場は1階のスペースがオープンエアになるので夜風を感じながらワインを飲むのにもいいお店です。そんなFurutoshiからお勧めのワインは"WOODWARD CANYON Chardonnay"。7年前にインポーターに紹介されて以来定番でおいてある一本ということなのですがお勧めの理由は「ワシントンでもリーダー的存在のワイナリーで、前菜からメインまで、これ一本で通してお食事して頂けるワイン。」だからとのこと。「私どもではシャルドネを置いておりますが、メルローもとても有名で、2005年には、ワイン&スピリッツ誌で見事421本のアメリカのメルローで一位を獲得したほどなんですよ。」とも教えてくださいました。

最後にご紹介するのは六本木にあるグランド ハイアット 東京ステーキハウス"オーク ドア"。開放的かつスタイリッシュな空間とダイナミックなお料理が人気のお店。店舗名にもなっているオークウッドを使うウッドバーニングオーブンで焼かれたステーキをはじめ、ハンバーガーなどの軽食もあるのでディナーだけでなくランチタイムにもぜひワインを楽しんで。そんなオーク ドアからはお勧めのワインは次の2本。なんとHIDORIからも推薦された"Le cole NO.41 Columbia Valley 2005 Merlot"と"Woodward Canyon Artist Series #14 2005 Columbia Valley Cabernet Sauvignon"。それぞれお勧めの理由は"L'e cole NO.41"が「レコールナンバー41は、ワシントン州で3番目に設立された、アメリカ全土でも最高のメルローを作るワイナリーのひとつ。やはりステーキとの相性が抜群。」そしてWoodward Canyonは「ワインメーカーのリック・スモール氏は、ワシントン州の最優秀ワインメーカーの一人である。毎年変わるアーティストによるラベルもおもしろい。しっかりとしたフルボディーで、オーク ドアのステーキにとてもよく合う。」とのこと。

今回ご紹介したお店以外にもワシントンワインを飲めるいいレストランやバーはたくさんあります。ぜひこの機会にいろんなワシントンワインを味わってみてください。(詳しくはワシントンワイン協会WEBサイトより販売店舗ページをご覧ください。)

  • もどる

今月の特集 myfoodアメリカの旅

IMG:Spring has come!