Home> 特集記事> 季節のイベント 2008.12_02

TITLE:クリスマスのお菓子

クリスマスの香りといえばもうひとつ忘れちゃいけないのが家中に広がるお菓子 の焼けるいい匂い。クッキーといえばアメリカのママの味。特にクリスマスシー ズンには生姜の風味とナツメグやシナモンのスパイスをきかせて作った大小さま ざまな大きさのジンジャーブレッドマンや色とりどりのアイシングを施した雪の 結晶、サンタクロース、ソリ、ベル、天使に星やクリスマスケーンなどクリスマ スアイコンの型で抜いたクッキー。踏み台に乗ってママと一緒にクッキーの生地 を練ったり、型を抜いたり、またこっそりつまみ食いしながらデコレーションを 手伝う子供たちの楽しそうな姿など微笑ましい光景がアメリカ中の家庭で繰り広 げられます。これら焼いたクッキーはおやつに食べるだけでなく、お友達や親せ き、また恵まれない人へのプレゼントにしたり、穴を開けてリボンを通してクリ スマスツリーに飾るオーナメントとしたりと大活躍。クリスマスクッキーに使わ れるクッキー型にはキリストの降臨を象徴する星や羊飼いの杖を表す赤、白、緑 のストライプのクリスマスケーンなど聖書の物語に起因しているものも少なくあ りません。そんな由来をパパやママ、またおじいちゃんやおばあちゃんに聞かせ て貰うのも家族が集まるクリスマスの家族団らんの微笑ましい時間です。また昼 間焼いたクッキーを思い出しながら、夜はベットでジンジャーブレッドマンの絵 本を読んで貰って眠りにつくのもこの時期ならではのベットタイムストーリー。 夢の中ではジンジャーブレッドマンと一緒にいろんな冒険をしているかもしれませんね。

  • もどる
  • 次へ

今月の特集 myfoodアメリカの旅

IMG:クリスマスのお菓子(1)