2017年7月アーカイブ

米国食肉輸出連合会(USMEF)は、2017年7月21日(金)より、消費者向け公式ウェブサイト(http://www.americanmeat.jp/)にて、「アメリカン・ミート ファンサイト サポーター大募集キャンペーン」を実施いたします。

公式ウェブサイトに開設されたキャンペーン特設ページより、アメリカン・ビーフ、アメリカン・ポークに関連する写真を投稿し、ウェブサイトに投稿が掲載された方全員をアメリカン・ミート サポーターとして登録。

サポーターだけが参加できるイベントやプレゼント企画など、様々な特典を用意しております。
また、9月30日(土)までに投稿を完了し、サポーターとして登録された方全員に、ワンランク上の肉料理レシピとお肉の知識が満載のアメリカン・ミートマガジン「Be&Po」をプレゼント。
さらに抽選で5名の方に、アメリカンビーフ&ポークをセットでプレゼントします。


「アメリカン・ミート ファンサイト サポーター大募集キャンペーン」はアメリカン・ビーフ、ポークをこよなく愛してくださる方で、Facebook、Twitter、Instagram、メールアドレスの何れかをお持ちの方であれば、どなたでも参加いただけるキャンペーンになります。
キャンペーン特設サイト上に設けたアメリカン・ミート公式Instagramコーナー内では、関連情報の発信を行い、ファンサイトページを盛り上げてまいります。



■アメリカン・ミート ファンサイト サポーター大募集キャンペーン詳細

ウェブサイト: https://www.americanmeat.jp/csm/topics/supporter/
応募期間: 2017年7月21日(木)~9月30日(土)
賞品: Be&Po ・・・ サポーター登録者全員  アメリカンビーフ&ポーク セット ・・・  5名


ステップ4 サポーターに当選された方には、Be&Po最新号をお送りします 8月・9月・10月いずれかの中旬にお届け!(予定)


上記リリース内容及び詳細PDFのダウンロードはこちら  pdficon_large.gif

アメリカ産「チキン」料理コンテスト [応募要項]
おいしさ、食べやすさ、華やかさがそろった注目の食材を使ったオリジナルレシピを募集いたします。


募集レシピ:
アメリカ産「チキン」を使用したオリジナル料理
【 部 門 】
1.アメリカ産 ゲームヘン
2.アメリカ産 もも肉・骨付きもも肉


応募方法:
応募用紙に、住所・氏名・職業・電話番号・メニュー作品名・アピールポイント・材料・作り方・料理の写真をご記入の上封筒でご応募ください。
※1名あたり複数の応募を受付けます。
※1レシピにつき、それぞれ1枚の応募用紙にご記入ください。


応 募 先:
〒104-0033 東京都中央区新川1-16-14 アクロス新川ビル・アネックス2F
株式会社 ホームメイドクッキング 内 
アメリカ産「チキン」料理コンテスト 事務局 
[お問合せ]平日9:00~17:00 事務局 TEL:03-3537-0804


応募期間:
平成29年 7月1日(土)~8月31日(木)当日消印有効


審査方法:
【1次審査】: 書類選考にて応募作品の中より10メニューを選出
【最終審査】: 9月26日試作・試食審査にて入賞作品を発表
※審査は、アメリカ家禽鶏卵輸出協会、ホームメイドクッキングで行います。


選考要領:
1.見栄え  2.味  3.手軽さ  4.独創性
※添付する写真の写り方も選考基準になります。


発 表:
入賞者へは、直接お知らせし、賞金を贈呈します。
また、審査結果は、ホームページ(アメリカ家禽鶏卵輸出協会Facebook・ホームメイドクッキング)にて発表します。(平成29年10月下旬予定)


表 彰:
最優秀賞/10万円(1名)
優秀賞/2万円(2名)


【応募のご注意】
・ご応募いただきました書類は返却いたしません。
・ご応募いただきましたレシピアイデアの使用権は、アメリカ家禽鶏卵輸出協会に帰属いたします。
・ご応募いただきましたレシピ、お名前等はホームページ等で掲載させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
・応募記入いただいた個人情報はコンテストの審査結果のご連絡、賞品発送、入賞者発表で利用させていただきます。
 またホームページ等で発表する場合がございます。
・お客様の個人情報をお客様の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示提出することはありません(。 法令などにより開示を求められた場合を除く)
・他のコンテストに応募していないオリジナルレシピに限ります。


主催:アメリカ家禽鶏卵輸出協会
後援:アメリカ大使館 農産物貿易事務所
協力:ホームメイドクッキング



アメリカ産ゲームヘン・チキンについて

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
[購入方法]
■インターネット購入の場合
※2016.8月現在の情報です。商品ページの更新が定期的に行われているため、検索結果が実際の商品ページの内容(価格、在庫表示等)とは異なる場合がございますのでご注意ください。

アメリカ産 ゲームヘン

     ( store.shopping.yahoo.co.jp/otokonodaidokoro/ )
カテゴリ「お肉の食材」⇒チキン⇒各国の丸鳥⇒アメリカ産ミニ地鶏・アメリカ産ゲームヘン

?グルメミートワールド( http://www.gourmet-world.co.jp/shopping/
カテゴリ「地鶏/七面鳥/ホロホロ鳥...など」⇒丸鶏/ゲームヘン⇒ゲームヘンアメリカ産地鶏丸


■店舗購入の場合(チキン)
・関東「ハナマサ」、全国「イオン」「コストコ(惣菜コーナーチキンレッグ)」など
 ※店舗により取扱いがない場合もございますので直接店舗へお問い合わせください。
●アメリカ家禽鶏卵輸出協会HP( http://www.usapeec-jp )で販売先のご紹介をしています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【応募写真の見た目は重要なポイントです!】
 何を作っているかがわかる!
 色の鮮やかさ!
 シズル感(おいしそうな感じ)
 など、第一次選考時は写真とレシピが大きな判断基準となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【アメリカ家禽鶏卵輸出協会とは】
アメリカは、世界最大の家禽鶏卵商品の輸出国です。アメリカ家禽鶏卵輸出協会(USAPEEC)は、アメリカ農水省の外郭団体として、生産者、加工業者、流通業者、そのほか関連業者などアメリカ国内外企業約200社または団体で構成されています。アメリカ産家禽鶏卵商品の需要拡大のために、世界の主要な国々で幅広い活動を行っています。


【健康志向と安全性に答えるヘルシーメニュー】
現在、消費者の健康志向は一過性のものではなく、特に食材の品質・安全性に対する意識は高まるばかりです。当然すべての製品には、血統や生育歴の確かな食材が求められるようになりました。徹底した品質管理の元に供給されるアメリカ家禽鶏卵商品は、いずれも消費者の要求に応える信頼のブランドとなりうるばかりか、ヘルシーメニューとしての幅も広げます。ますます多様化する顧客ニーズに応え、メニューの付加価値、話題性を提供するために、チキン(ゲームヘン)を活用されてはいかがでしょうか。


アメリカ家禽鶏卵輸出協会・日本事務所
〒107-0062 東京都港区南青山1-26-4-7C


上記リリース内容及び詳細(募集要項表面)PDFのダウンロードはこちら  pdficon_large.gif

上記リリース内容及び詳細(募集要項裏面)PDFのダウンロードはこちら  pdficon_large.gif

カリフォルニア・レーズン協会 (駐日代表 : ジェフリー N. マクニール)は、「第25 回カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテスト」(2016 年10 月28 日、29 日に最終実技審査を実施)の副賞として入賞者に贈られたアメリカ研修旅?を、2017年6月8 日(木)から17 日(土)まで10 日間の日程で実施いたしました。

この研修旅行は、コンテスト受賞者がカリフォルニア・レーズンについて理解を深め今後の製品開発に役立ててもらうことを目的に、1992 年開催の第一回コンテストより毎年行っています。本年度も、日本のコンテスト入賞者に加え、中国 (香港を含む)、ドイツ、メキシコの各国で開催されたパン・菓子のコンテスト入賞者と各国協会事務所のスタッフが参加しました。

6 月8日、日本と他国のグループはサンフランシスコ空港で合流し、ナパにある米国料理業界における生涯教育機関であるCIA (Culinary Institute of America) に向かいました。9 日からの2 日間は、CIA ベーカリー講師のロバートジョリン氏による特別講義「アメリカにおける製菓・製パンのトレンド」を受講しました。フレズノで開催されるレーズン業界関係者へ紹介、提供される入賞作品を慣れないCIA の設備で悪戦苦闘しながら再現、普段と違う環境で製作に挑戦できて楽しいという声も聞かれました。

予定通りカリフォルニア・レーズンの故郷フレズノに移動した一行は、5日目の6月12日にはぶどう畑とレーズン加工工場を視察。 6月はぶどうの実が膨らみつつある時季で、手摘み収穫用と機械収穫用畑をどちらも見学することができました。
加工工場では、レーズンの選別から出荷用の箱詰めに至るまで、すべての工程を間近で見て学ぶことができました。

同日夜には恒例のカリフォルニア・レーズンの生産者や加工業者とのレセプションが開かれ、共通のレーズンをテーマに言葉の壁を乗り越え、各国のコンテスト入賞者達はそれぞれのテーブルで友好を深めていました。CIA で製作した入賞作品は、このレセプションで披露、試?されました。現地の?産者は、自分達が生産したレーズンがそれぞれの国の食文化を反映した個性豊かな美味しいパンになったことに感動し、「アメリカでも同じようなパンが食べたい」、「日本のパンが一番美味しい」などと賞賛を受けました。

フレズノでの滞在を終えた一行は、6 月13 日にチーズ工場と家畜農場を見学しモントレーに滞在、翌日14 日にサンフランシスコへ移動し、アメリカ乳製品輸出協会主催のアメリカンチーズを学ぶイベントに参加しました。翌日の自由行動では、事前に調べていたベーカリー訪問やアルカトラズ島への観光など各自思い思いの時間を有効に活用し、大リーグの野球観戦でカリフォルニア滞在最後の夜を締めくくりました。16日の復路のフライトは、機材整備不備のため10 時間もの遅延となり、羽田国際空港到着が深夜を回るというハプニングがありましたが、無事に研修を終了しました。

この研修旅行は、日本だけでなく他国の製菓・製パン技術者とも交流ができ、製パンに携わる仲間作りができる貴重な10日間です。研修旅?に参加した?賞者の作品は、昨年10月のコンテスト終了後に商品化が進められ、続々とカリフォルニア・レーズン新商品として発売されています。

尚、次回、「第26 回カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテスト」は、2018 年5~6 月に最終実技審査を行い、10月初旬に研修旅行を実施する予定です。

カリフォルニア・レーズン協会は、これからも製パン業界活性化のために活動していきます。


<このニュースリリースのお問い合せ先>
カリフォルニア・レーズンPR 担当 :株 式会社フリーマン 担当長妻・藤井
TEL 03-5280-1351/FAX 03-5280-1357
E-mail : nagatsuma@freeman-pr.com / fujii@freeman-pr.com


上記リリース内容及び詳細PDFのダウンロードはこちら  pdficon_large.gif