2017年1月アーカイブ

Alaska Seafood Experience 大自然が育んだアラスカの海の幸を使用した滋味あふれるメニューや アラスカ食材の魅力を堪能いただけるイベントを開催
2017 年 1 月 7 日(土) より 2 月 28 日(火)まで


東京マリオットホテル(東京都品川区、総支配人:飯田雄介)では、2017 年 1 月 7 日(土) より 2 月 28 日(火)まで、 1 階レストラン Lounge & Dining G(ラウンジ&ダイニング G) にて、 『Alaska Seafood Experience』を開催します。アラスカシーフードマーケティング 協会後援のもと、雄大な自然の力が育んだアラスカの海の幸を贅沢に使用し、素材の滋味 あふれるグリルスタイルでお届けします。今注目を集めるイブニングハイティーや多彩な アラカルト、ソムリエ田崎真也氏によるセレクトワインと一夜限りの極上のマリアージュ ディナーに至るまで、きらめく冬に天然かつサスティナブルであるアラスカシーフードの 魅力を余すところなくご堪能いただけます。



Lounge & Dining G ラウンジ&ダイニング G

Alaska Grilled Combo Dinner
アラスカ グリル コンボディナー

この冬のシグニチャーコースとして登場するコンボディナーは、アラスカ食材をふんだん に使用し、素材の旨味がひきたつグリル料理でお楽しみいただきます。メインには、豊潤 な味わいのタラバガニやズワイカニ、肉厚のサーモンなどをボリューミィに鉄鍋で ご提供。お集まりの皆さまで取り分けてお楽しみいただく、冬の夜に語らいが弾む厳選 コースです。

MENU 
◇アペタイザープレート  ・アラスカ産カレイのスモーク ・カニご飯の生春巻き ・タラのブランダード 
◇スープ アラスカシーフードのブイヤベース 
◇シーフードコンボ
・カニ 2 種のロースト   (タラバガニ、ズワイガニ)
・サーモンのポワレ
・ミスジのグリル 
◇デザート 季節のお楽しみデザート 
◇食後のお飲み物

期  間:2017 年 1 月 7 日(土)~2 月 28 日(火) 
時  間:17:00 ~ 22:00 L.O. 
場  所:ラウンジ&ダイニング G ダイニングエリア
料  金:ディナーコース 1 名様/6,500(2 名様より)



Brilliant Moments Alaska feat. Billecart Salmon
ブリリアント モーメント アラスカ feat. ビルカール サルモン
  
美しく煌くイルミネーションと共にお楽しみいただくイブニングハイティー。アラスカのシーフードを使ったお料理をピンチョススタイルでお届けします。ご一緒にはシーフードとのマリアージュが華やかな、繊細な泡立ちに熟した果実を思わせるアロマが特徴のシャンパン「ビルカールサルモンエキストラブリュット」を。シャンパンを含むワイン12種やカクテルなど100種のフリーフロードリンクを含むプランで、新年会や冬のお集まりのひと時に華やかな彩りを添えます。

MENU
《第 1 プレート》 アラスカシーフードのエスカベッシュ、アラスカ産カレイのスモーク、カニご飯の生春巻き、 オレンジ風味のサツマイモのブルテ、タラのブランダートなど
《第 2 プレート》 サーモンのロースト アラスカ産いくらのホワイトソース
《メインディッシュのチョイス(右記より一品)》 マリオットバーガー、ミスジのグリル(+¥500)、 カニのロースト(+¥1000)

フリーフロードリンク シャンパン ビルカールサルモン エキストラ ブリュットを含むワイン 12 種やカクテルなど 100 種

期  間:2017 年 1 月 7 日(土)~2 月 28 日(火)
時   間:17:00~20:00 (最終入店 19:30) 
料   金:女性 1名様 ¥5,000 / 男性 1名様 ¥6,500



Alaska Weekend Lunch Buffet
アラスカ ウィークエンド ランチ ブッフェ

冬の優しい陽光溢れるアトリウムでお楽しみにいただく週末・祝日限定のランチブッフェ は、アラスカのシーフードをふんだんに使用したラインナップでお届けします。季節の スープやメインディッシュには、アラスカ産カニのグリルやサーモンのグリルなどから 一品チョイスいただき、テーブルへお持ちいたします。美しい海で育まれた天然のアラスカ 食材を心ゆくまでご堪能ください。

MENU 
◇ブッフェスタイル ・前菜・サラダ・スープ・デザート
◇パスタ: カニのコンキリエパスタ
◇メインディッシュ お好みの 1 点を下記よりお選びください
・アメリカンビーフ ミスジのグリル
・国産ポークのグリル
・大山鶏のフリカッセ ・大山鶏胸肉のグリル
・サーモングリル アラスカ産イクラソース
・本日の魚のグリル
・アラスカ産カニのグリル  +1500
・土佐赤牛 フィレ肉のグリル +6000

期    間: 2017 年 1 月 7 日(土)~2 月 26 日(日)※土・日・祝日限定
時    間: 12:00~14:30 L.O. 
料    金: 大人 1 名様/4,800
    子供(4?12 歳)1 名様/2,800



※上記表示料金には、別途消費税・サービス料(10%)を加算させていただきます。
※記載のメニュー内容は、変更になる場合がございます。 

<ご予約・お問い合わせ先>
ラウンジ&ダイニング G
Tel 03-5488-3929
Email: info@tokyo-marriott.com




Special Event スペシャル イベント

Alaska Seafood Night
アラスカ シーフード ナイト

ソムリエ田崎真也氏によるセレクトワインとの極上 マリアージュから知る、アラスカシーフードの魅力 を存分にご堪能いただける一夜限りのスペシャル ディナーを開催いたします。 
 
日  時: 2017 年 2 月 3 日(土)19:00~21:00
料  金: 1 名様/15,000(税金・サービス料込)
内  容:・アラスカシーフードディナーコース ・田崎真也氏によるワインセレクション
場  所: 東京マリオットホテル 宴会場
※ご予約はホームページにて 12 月 15 日(水)10:00 より承ります。



田崎真也氏プロフィール

1958 年、東京生まれ。1995 年、「第 8 回世界最優秀ソムリエコンクール」で日本人として初めて優勝する。 1997 年より『ワインは、憶えてから楽しむものではなく、楽しんでから憶えるもの』をコンセプトに田崎 真也ワインサロンを主宰。2010 年、国際ソムリエ協会会長就任。2011 年、黄綬褒章受章。

<ご予約・お問い合わせ先>
イベント係  Tel 03-5488-3913  Mail: event@tokyo-marriott.com



後援:アラスカシーフードマーケティング協会(ASMI)について

アメリカ連邦政府・アラスカ州の補助金と同州漁業・加工業者からなる会員 の出資金により運営する非営利団体。米国を含む世界 20 ヶ国と地域における アラスカ産シーフードの消費促進を、あらゆるマーケティング・プロモー ション活動を通じて積極的に展開。


マリオットホテルについて

マリオットホテルは、世界約 50 カ国に 500 軒のホテルとリゾートを展開しており、ご滞在のあらゆる面で 旅を進化させ、次世代の旅人にきらめく旅を提供します。モバイルを駆使し仕事と遊びをブレンドする グローバルな旅行者にシフトしながら、グレートルーム・ロビー、フューチャー・オブ・ミーティング、 モバイル・ゲスト・サービスなどの、スタイルとデザイン、テクノロジーを進化させたイノベーションで 業界をリードします。全てのマリオットホテルはフリークエント・トラベラーの賞を受賞したマリオット・ リワードに参加しています。メンバーは宿泊に使った金額をホテルのポイントや、航空会社のマイルに 交換することができます。 詳しい情報は、www.MarriottHotels.com でご確認いただくか、Facebook (Facebook.com/Marriott)、Twitter  (Twitter.com/Marriott、@Marriott)にご参加ください。



<本件に関する報道関係の皆様からのお問い合わせ先>
東京マリオットホテル マーケティング
中村・黒田
E-mail:press@tokyo-marriott.com
東京都品川区北品川 4-7-36
電話:03-5488-3913
FAX:03-5488-3903 
上記リリース内容及び詳細PDFのダウンロードはこちら  pdficon_large.gif

近年骨への健康効果が確認されてるプルーン

ナッツとドライフルーツの健康効果、栄養、統計、食の安全、国際的な基準および規制に関する代表的な国際機関 国際ナッツ・ドライフルーツ評議会(INC : International Nut & Dried Fruit Council)は、この程プルーンが骨量の減少防止に役立つ可能性について以下の発表を行いました。

高齢人口の増加が継続的に進むにつれ、骨粗しょう症と診断される男女が増加し、非薬物的な代替療法の可能性が注目されることが予想されます。既存の薬物療法に加えて、特定の生活習慣や栄養因子が骨粗しょう症のリスクを軽減することがわかっています(※1)。

プルーンの摂取が骨粗しょう症と全身の骨密度(BMD)低下の防止に効果的であることは、動物実験と臨床試験からなる科学的研究によって確実に証明されています。

プルーンにはビタミンKをはじめ、食物繊維や銅などが多く含まれます。されに、プルーンは、独特の組み合わせのポリフェノール類を含有し、その量が豊富なことも特筆されます(※2)。

プルーンの研究については、骨粗しょう症の動物モデルを用いて、骨密度の維持と骨量減少の防止の可能性について実験することに始まり、多くの研究が進められてきました。抗酸化物質を豊富に含んだフルーツを摂取すると、概して骨の健康に多大な効果があることが、動物実験から大いに示唆されています。すなわち、実験結果によれば、骨質量および骨梁(海綿骨)の量、数及び厚みが増加し、骨形成の促進により骨梁間隔が狭まり(骨梁間隔の増大は骨粗しょう症のリスクにつながる)、骨再吸収が抑制され、骨強度の増加がみられます。骨を守る効果は、抗酸化経路もしくは抗炎症経路、およびその下流シグナル伝達メカニズムを介して発揮され、骨芽細胞の石灰化と破骨細胞の不活性化につながると考えられています(※3)。


2016年公表されたランダム化比較試験によれば、プルーン(乾燥プラム)の摂取が、骨量が減少した閉経後の高齢女性の全身の骨密度(BMD)の減少を抑える可能性があります。骨量が減少した65~79歳の女性(通常より骨密度が低いが、骨粗しょう症には分類されるほどではない)48名を3つの実験グループ(プルーン50グラムを摂取するグループ、プルーン100グラムを摂取するグループ、対照群)に無作為に割り当て、6か月間の実験を行いました。そこでは骨密度測定(DEXA)法によって、スタート時と6か月後における、全身、大腿骨近位部、腰椎の骨密度が測定されました。加えて、実験中に、いくつかの骨代謝マーカーも判定されました。プルーンを摂取したいずれのグループの女性も、対照群の女性と比較して、全身の骨密度の減少が抑制せれたことが、研究データによって明らかになりました。(※4)。この効果は、部分的にはプルーンに骨再吸収を抑制する力があるためだと説明されています。この研究結果は、プルーンが特に閉経後の高齢女性の骨量減少を防ぐ役割を果たす可能性を示す。従来のデータを裏付けています。(※5,6)



国際ナッツ・ドライフルーツ評議会について

国際ナッツ・ドライフルーツ評議会(INC : International Nut & Dried Fruit Council)のメンバーは、世界70か国を超える国々のナッツとドライフルーツの健康効果、栄養、統計、食の安全、国際的な基準および規制に関する代表的国際機関です。

プルーンに関する情報(日本語)はカリフォルニアプルーン協会(http://www.prune.jp )まで。



カリフォルニアプルーン協会とは

1952年に設立、カリフォルニア産プルーンの900の生産者及び26の加工業者を代表する機関で、カリフォルニア州農務省の管轄のもとに活動を行っています。現在カリフォルニア州は全米の約99%、世界全体の約40%のプルーンを生産。協会は22名の理事で構成せれています。
対日活動は1987年に始まり、その活動内容は、プルーンに関する各種研究調査のほか、カリフォルニア産プルーン全般の需要拡大を目的とする宣伝・販売促進・PRを企画実施しています。


※1 Zhu k, Prince RL「生活習慣と骨粗鬆症」『Curr Osteoporos Rep』2015年2月;13(1):
52-9

※2 米国農務省国立栄養データベース標準リファレンス、リリース28、2015年9月発行、2016年5月ー部修正

※3 Shen CL, von Bergen V, Chyu MC「骨の保護に役立つフルーツと食用フィットケミカル」『Nutr Res』2012年32(12):897-910

※4 Hooshmand, S, Kern, M, Mettl, D他「骨量が減少した閉経後女性の骨密度と骨バイオマーカーに対する2サーピングのプルーンの効果:ランダム化比較試験」『Osteoporosis Intermational』2016年;1-9

※5 Frankin M, Bu SY, Lerner MR, Lancaster EA他「男性の骨粗鬆症モデルにおける乾燥プラム摂取の骨量減少を抑える効果-IGF-IとRANKに関連」『Bone』2006年;39(6):1331-42

※6 Rendina E, Hembree KD, Davis MR他「閉経後の骨粗鬆症モデルにおける骨量減少の防止と骨代謝お改善に役立つ乾燥プラムの特性」『PloS one』2013年;8(3):e60569



<本件に関するお問い合わせ先> 
カリフォルニア プルーン協会 日本マーケティング事務所
tel:03-3584-0866
fax:03-3505-6353

上記リリース内容及び詳細PDFのダウンロードはこちら  pdficon_large.gif