2016年11月アーカイブ

ビストロ バーンヤード ギンザでテイスティングパーティを開催

ざくろ協会(本部:米国カリフォルニア州 代表:トム・チェランセン)は、ざくろの最もおいしい季節である11月に都 内のレストランでテイスティングパーティ(後援:アメリカ大使館農産物貿易事務所)を開催しました。会場となった、 「ビストロ バーンヤード ギンザ」は、新鮮なオーガニック食材を使った料理と心地よい空間で注目されているレストラン です。 この日のためにカリフォルニアよりざくろ協会の代表、トム・チェランセンが来日し、米国内でのざくろの生 産過程の最新映像と2016 年度の収穫情報を紹介し、今年も日本市場への大きな期待を述べま した。

パーティでは、ざくろの愛好家でもある、食のトータルフードプロデューサー、小倉朋子氏(株式会社 トータルフード 代表取締役)によるレクチャーがあり、ざくろをもっと身近に、毎日の生活へ取り入れる ヒントやフルーツの栄養価についてなど、食の専門家の観点よりお話しいただきました。

会場には、スタイリストとして活躍する寺田リコ氏による数々のオブジェの作品を展示するとともに、 テーマ別にテーブルをデコレーションで彩るなど、ざくろをヴィジュアルを通して楽しむ新たな提案が行わ れました。

試食会では、ビストロ バーンヤード ギンザ、グランシェフの篠英治氏による、ざくろを使った斬新な創作料理の数々が 紹介され、ざくろのさらなる魅力を発掘されました。

食関係に携わる方へ向けたパーティでしたが、すでにカリフォルニアのざくろを知っているお客さまからもざくろを改めて知 ることができたとの感想をいただくなど、テイスティングパーティは、盛況裏に終了しました。

カリフォルニアざくろおよびざくろ協会について: カリフォルニアざくろは、8割がワンダフル種が占めています。深紅の上品で美しい果実を持ち、おいしく健康的な効果も 高いことが知られています。いろいろなポリフェノール、ビタミン C、ビタミン K、カリウム、繊維質なども含まれ、スーパーフ ルーツ、アンチエイジングフルーツとして注目されています。カリフォルニアざくろの啓蒙普及の活動を行っているざくろ協会 (Pomegranate Council、本部:米国・カリフォルニア 代表:トム・チェランセン)は、1997年にインターナショナ ルマーケット・プロデューサーのトム・ツェランセンとPOM Wonderful 社とSimonian Fruit Company 社とともに設 立されました。

Pomegranate Council - www.pomegranates.org
Simonian Fruit - www.simonianfruit.com
POM Wonderful - www.pomwonderful.com



*協会の日本語表記変更のお知らせ: 米国ざくろ協会 から ざくろ協会へ変更いたしました。(2016 年 11 月 25 日から)英語の表記は、従来通りの Pomegranate Council です。 また、広報事務局もカリフォルニアざくろ東京広報事務局 から ざくろ協会 日本広報事務局と変更しました。


<報道関係者お問い合せ先>
ざくろ協会 日本広報事務局(井之上パブリックリレーションズ内)
担当:渡辺・中藤(なかふじ)
住所: 〒160-0004 東京都新宿区四谷 4-34-1 新宿御苑前アネックス2F
電話: 03-5269-2301
FAX: 03-5269-2305
メール: info@pomegranates.jp
ウェブサイト: http://www.pomegranates.jp
上記リリース内容及び詳細PDFのダウンロードはこちら  pdficon_large.gif

 カリフォルニア・レーズン協会は、2016 年 10 月 28 日(金)、29 日(土)の両日、製パンに携わるプロの技術者を  対象とした「第 25 回カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテスト」の最終審査を日本パン技術研究所(東京都江戸川区)にて実施、大賞 3 賞を含む計 11 名の入賞者を決定、表彰いたしました。 

 本コンテストは、カリフォルニア・レーズンを使った新製品の開発とその商品化を目的に実施、25 回目の記念大会となる今年も「長く愛されるアイデア溢れるレーズンパン」をテーマに、「ホールセール/コンビニエンス製品   部門」(工場生産ラインで製造、完全包装し、卸で販売するパン)、「フレッシュ/インストア/リテール製品部門」   (ベイクオフやオールスクラッチなどで生産し、無包装で販売するパン)、アメリカ乳製品輸出協会の特別協賛による 「アメリカ産チーズ部門」(アメリカ産チーズとカリフォルニア・レーズンを使用したパン)の 3 部門で作品を募集しました。 その結果、日本全国から計 201 作品もの応募があり、一次書類審査で選出された 21 名が最終実技審査に臨みました。 

 ファイナリストたちは 2 日間に渡り計 7 時間以内に作品を製作し、作品の製作意図や特長などについての      プレゼンテーションと質疑応答、試食審査が行われました。審査は製パン技術関係者 7 名の他、カリフォルニア    レーズン協会、およびアメリカ乳製品輸出協会の駐日代表であるジェフリー・マクニールが審査委員長を務め、 第25回記念大会に来日した、カリフォルニア・レーズン協会米国本部モンテ・シュッツ会長とシニア・バイスプレジデント のラリー・ブラッグも審査に加わりました。また、公募により選ばれた 15 名の消費者代表審査員が、味、見た目、価格を 基準に「自分が買いたいレーズンパン」を選び、それぞれの部門で最高得点を獲得した作品が 「消費者推薦賞」を 受賞しました。 

 審査の結果、カリフォルニア・レーズン大賞は、ホールセール/コンビニエンス製品部門ではフジパン グループ本社 吉田須麻氏の「ぎゅっとレーズン」が、フレッシュ/インストア/リテール製品部門ではポンパドウル アソシエ 東莉穂氏の「ピーナッツ & レーズン」が受賞しました。アメリカ産チーズ部門では、志津屋 荻野順平氏 の「レーズンとチーズのリュステック ~山椒の香り~」がアメリカンチーズ大賞に選ばれました。11 名の入賞者には、  楯とカリフォルニア・レーズンの故郷「カリフォルニア州フレズノへの研修旅行」が贈られました。


 カリフォルニア・レーズン協会米国本部モンテ・シュッツ会長は、表彰式にて「本日、ファイナリストの製作の見学や作品試食をさせていただき、日本のベーカリーシェフは世界でもトップクラスの技術者であるということを改めて確信 しました。この 25 年間で 6,000 以上のレシピが開発されたと聞いていますが、小さなカリフォルニア・レーズンを使ってそれだけたくさんのレシピが開発されたことに驚いています。これはレーズンの持つ多様性と応用性、そして ベーカーの方々の優れた創造力によるものだと思います」と挨拶いたしました。また、協会本部 シニア・バイスプレジデントのラリー・ブラッグは、「皆様のご協力により、コンテストがこんなにも長い間継続して開催することが   できましたことを深く感謝するとともに、たいへん嬉しく思っております。25 年前のコンテスト開始当時は、協会として     開発者とそれをサポートする企業の双方に意義のある活動にしたいと考えていました。今では、このコンテストに  参加されたベーカー、およびペストリー・シェフの方々はその能力と実力を発揮し、本コンテストにとどまらず世界  レベルでベーカリー業界にて活躍されています。今回 25 周年を迎えることができ、当初の目的を達成できたのでは と思っています」とレセプションにて感謝の意を表しました。 

 また、審査員を代表し、公益財団法人全日本司厨士協会 大西元年理事長および一般社団法人日本パン技術研究所常務理事 井上好文所長が総評を述べました。 

 大西氏は「パンの歴史は、先人たちが技術や味、材料において試行錯誤を繰り返し今日があります。レーズンも 材料の一つであり、これからもレーズンを使用した更においしいパンが作られていくと確信しています。本日のコンテストにおいて、入賞作品と入賞を逃した作品の差は紙一重でした。これからも更なる研究を重ね再び挑戦し、 消費者から人気の得られるおいしいパンを作ってください」とファイナリストたちの健闘を称えました。 

 続いて井上氏からは、「我が国のパン業界は、ホールセールベーカリーとリテールベーカリーに大別されます。 このコンテストは両方の部門を設け、作品だけでなく製造に関わるすべてのプロセスを審査する本格的な製パン  技術コンテストであり、パンの製品開発技術の向上に多大な貢献をしています。このような貴重なコンテスト を 25 年間もの長きにわたり継続的に開催しているカリフォルニア・レーズン協会に、ベーカリー業界の一員としてお礼 を申し上げます。最終審査に残った 21 作品は、いずれもレーズンを上手に使いパン食をさらに豊かにしてくれる  魅力的な作品でした。すべての作品が入賞してもおかしくないと感じました。入賞した作品は斬新性や普遍性など の点で、他の作品よりも強くアピールできたのではないかと感じています。入賞者の皆様には、各自の作った作品を ひとりでも多くの消費者に楽しんでもらえるよう、明日から商品化にむけての努力をしていただきたいと思います」と、ファイナリストのレベルの高さを評価しました。 
 
 表彰式では、第 25 回を記念して、受賞作品を 10 年以上にも渡り販売、および継続的に本コンテストに応募 されている歴代入賞者、そして本コンテストの審査員に長きに渡りご尽力いただきました審査員の表彰も行われ  ました。歴代入賞者を代表して、18 年間にわたり受賞作品の販売を続けている株式会社東京ポンバドウル 取締役事業部長 近藤一幸氏は「日本では、レーズンを使ったパンはなくてはならない商品になっています。弊社でも  レーズン使用のパンは、常にベスト 5 に入る人気商品です。そのような人気の高い材料の一つであるレーズンを  使った新製品コンテストで、私は 19 年前に大賞を受賞しました。その当時の私も、受賞した仲間も、そして現在の コンテストでも、多くの若いベーカーたちが挑戦しています。そうした人達が、これから日本のベーカリー業界の発展 や食文化の創造に寄与していくだろうと期待しています」と挨拶を述べました。 

最後に、カリフォルニア・レーズン協会、およびアメリカ乳製品輸出協会 駐日代表のジェフリー・マクニールが 「関係者の皆様の 25 年間のサポートに、深く感謝申し上げます。毎回、参加者からは素晴らしいアイデアや創造力 をいただいています。受賞者の皆様は、それを他の方々と共有していただき、作品の末永い販売を期待しています」 と挨拶いたしました。 


<このニュースリリースのお問い合せ先>
カリフォルニア・レーズン
PR 担当 (株)フリーマン 
担当:藤井・長妻
TEL:03-5280-1351 / FAX:03-5280-1357 / E-mail: fujii@freeman-pr.com 


上記リリース内容及び詳細PDFのダウンロードはこちら  pdficon_large.gif

今年もざくろの美味しい季節、11月がやってきました。カリフォルニア産ざくろが日本に続々と到着しています。米国ざくろ協会(代表:トム・カール・チェランセン)では、2016年度のカリフォルニア産ざくろの対日輸出総生産は、昨年度より44%増加の42,116ケースを見込んでいます。米国ざくろ協会では、引き続き日本市場へのざくろのプロモーション活動を積極的に行っていきます。


米国ざくろ協会代表のトム・カール・チェランセンは、次のように述べています。
「今年もざくろの季節がやってきました。日本の消費者の方々は、ざくろに 含まれる栄養素の高さを良く知っています。また、抗酸化、抗糖化、アンチエイジングなどが注目され、研究が進んでいます。今年も、私たちは、最高の品質を求める日本消費者の皆様へ、選りすぐりのざくろのみを輸入商社へお届けしています。」 


ざくろの国内での研究:
岡山県立大学保健福祉学部栄養学科の伊東秀之教授の伊東研究室は、以前よりざくろに含まれるエラジタンニンに関する研究を進め、エラジタンニンの抗酸化、抗糖化作用を報告しています。2016年度には、エラジタンニンの生体内代謝産物であるウロリチンAの皮膚老化抑制作用、メラニン産生抑制作用、ヒアルロン酸およびコラーゲン産生促進作用など、ウロリチンAの皮膚に対するアンチエイジング効果について日本生薬学会等で発表しました。


カリフォルニアざくろ"ワンダフル月間―11 月":
カリフォルニアざくろの旬の季節が 11 月であることを日本の皆様へお伝えするために、カリフォルニアざくろの80%を占める「ワンダフル種」の旬である11 月を「カリフォルニアざくろ"ワンダフル月間―11 月"」(アメリカ大使館農産物貿易事務所より認定)としています。

今年も 11 月にアメリカ大使館農産物貿易事務所の人気のウェブサイト、myfood.jp 内でカリフォルニアざくろの読者プレゼント(5 個入り、5 名様)を実施しております。ざくろのレシピも紹介されております。詳しくはアメリカ大使館 農産物貿易事務所のウェブサイト myfood.jp (http:///www.myfood.jp )をご覧ください。 

また、"ワンダフル月間―11月"の期間中、オーガニック食材を積極的に取り入れる人気レストラン「ビストロバーンヤード ギンザ」(http://barnyard.jp/ )では、11月30日までざくろを取り入れたスペシャルメニューをお楽しみいただけます。



<本件に関する報道関係者お問合せ先>
カリフォルニアざくろ東京広報事務局 (井之上パブリックリレーションズ内)
担当:渡辺、中藤(なかふじ)
TEL: 03-5269-2301
FAX: 03-5269-2305 
E-mail: info@pomegranates.jp 
E.mail: kazuko.watanabe@inoue-pr.com

上記リリース内容及び詳細PDFのダウンロードはこちら  pdficon_large.gif

 イベント名:
American Craft Beer Experience  

サブタイトル:
クオリティ高いアメリカンクラフトビールを経験する2 Days
zさzdx日時:
2016年11月19日(土)13:00-19:00
2016年11月20日(日)12:00-18:00

場所:
竹芝ニューピアホール
東京都港区海岸1丁目11−1
03-3578-0041

内容:
今注目のアメリカンクラフトビールに特化した、東京の2 Daysアメリカンクラフトビアフェスティバル。
各インポーター選りすぐりの樽生ビールが30種以上、日本未入荷含むボトルビールも提供予定。現地よりブルワーやオーナーが来日しセミナーを開催・イベントを盛り上げます。
アメリカのソウルフードやミュージックと共にクオリティ高いアメリカのクラフトビールを経験し楽しみましょう!
(入場料無料・出入り自由、樽生ビール1杯500円より。)


主催:
Brewers Association(アメリカ)
American Craft Beer Experience 実行委員会

参加インポーター:
■AQ BEVOLUTION
■BEER CATS
■EZO BEER
■EVERGREEN IMPORTS
■FARMERS
■NAGANO TRADING

フード出店:
■BOND ST.KITCHEN
■Harry's Sandwich Company
■DevilCraft
■TACO RiCO

ライブミュージック:
The Moonshots and more..!

協力:
■Japan Beer Times
■Transporter
■アメリカ大使館


問合せ先:
アメリカンクラフトビア・エクスペリエンス実行委員会
info@aqbevolution.com

公式Facebookページ⇒

Brewers Association/HP情報⇒
順調な生育期間に恵まれ、今年収穫されたワイン用ぶどうの出来も上々です。
ワインメーカーの注意がセラーに向かうなか、関係者の感想を聞きました。

非営利生産者団体ナパヴァレー・ヴィントナーズ(NVV)によると、今年のワインも上々の出来となる模様です。カーネロスからカリストガまで、ナパヴァレーのワインメーカーは喜びを抑えきれない様子です。
2016年のナパヴァレーのワインについてワイン愛好家が知っておくべき5つのことを以下にご紹介します。


#1 ナパヴァレーのワインは、今年も極めて優れたヴィンテージとなる可能性を秘めています

2012年、2013年、2014年、2015年のナパヴァレーのワインが市場に出回る中、批評家を含めて各方面からは称賛の声が上がっています。それでは2016年のワインはどうでしょうか?ナパヴァレーにとって5年連続の素晴らしいヴィンテージとなるのでしょうか?「私たちは天にいらっしゃるあのお方に心底愛されているとしか思えません」とコメントしたのは、オークヴィルにあるティエラ・ロハ・ヴィンヤーズのオーナー、リンダ・ニール氏です。
ホーニッグ・ヴィンヤード&ワイナリーのワインメーカー、クリスティン・ベルエア氏は、生育期と収穫を次のような言葉でまとめました。「天気が私たちに味方してくれ、また発酵も順調に進んだことで、凝縮されたバランスの良いワインに仕上がりつつあります」。



#2 テクノロジーと人の組み合わせによる高品質のワイン造り

ワイナリーでは、最高のぶどうだけをワインにするために、光学選別機を使うワインの造り手が増えています。破砕機には除梗機が設置され、以前よりも速いスピードでぶどうが丁寧に加工されていきます。効率化が進んだことで、ワインの造り手はぶどうが収穫期を迎えるとすぐに果実を加工することができるようになりました。
「新しく入れた機械が赤ワイン用ぶどうの除梗を全て素早く丁寧にやってくれたので、とても助かりました」と話してくれたのは、アンティカ・ナパヴァレー?アンティノリ・ファミリー・エステートのワインメーカー、メリッサ・アプター氏です。「おかげで今年は、その日のうちに摘み取る必要のあるぶどうを全て、過去の最高収穫量よりも多く摘み取ることができました。今までよりも速いスピードと高い処理品質で、今シーズンのスターとして大活躍してくれました」。
ぶどう畑では蒸発散量センサーがワインの造り手とぶどう栽培農家の仕事を手助けしています。蒸発散量センサーはぶどうの樹に必要な水やりの頻度と量を測定し、その情報は水を効率的に管理する上で欠かせません。またドローンを使用して樹勢を正確に把握し、生育期に特に注意が必要なエリアを特定しようとしているワインの造り手もいます。
それでも最終的にはワインの出来栄えは、人の手にかかっていると話すのがトレフェッセン・ファミリー・ヴィンヤーズのCEO、ジョン・ルエル氏です。「今年のヴィンテージも素晴らしいものになったのは、ぶどう畑やワイナリーで働く男性・女性陣のおかげです。ナパヴァレーでは今でも多くの仕事が手作業で行われています。発酵については鼻を使って確認しています。こうしたやり方が今後すぐに変わることはないでしょう」。



#3 ぶどうの収穫が終わってもまだ仕事は残っています

「何と言ってもぶどうの収穫は、ぶどうの樹から果実を摘み取りワイナリーに運び込むことを指しています」と言うのは、ダイヤー・ヴィンヤードのドウナイン・ダイヤー氏です。「成熟度、ぶどう畑の状態、そして天候による緊急度合いはどうか等、数々の独特な確認が必要です。ぶどうをワイナリーに運び込んだ後は、よりゆっくりとした、制御されたワイン造りのプロセスが始まるので安心です。」
ナパヴァレーではワイン造りの工程が、1日24時間休みなしで行われてきたぶどう畑の作業から、次の工程にあたるセラーでの「パンピングオーバー、パンチダウン(突きくずし)、バレルダウン」に移行しています。「この時期は収穫の興奮も醒めやり、それでもやるべきことはまだ沢山あるという気持ちの面でも厳しい時期です」と話すのは、ファレラ・ヴィンヤードのワインメーカー、トム・ファレラ氏です。「モチベーションを保つのが難しい中でまだ沢山の細かい作業が残されているので、私はこの時期を『ポスト・クラッシュ・ブルー(圧搾後の憂鬱)』と呼んでいます。」
セラーの外ではワインの造り手とぶどう栽培農家が、ぶどう畑に被覆作物を植えたりわらを敷いたり、また来年の使用に備えて機械の掃除や片付けを行っています。「ぶどうの樹の列の間に被覆作物の種を撒いたり、土壌の侵食を抑えるための種をぶどう畑の道に撒いたり、わらやシルトフェンスの設置を行っています。貴重な土壌の流出を防ぐため、できる限りの対策を講じています」と、フォルカー・アイゼル・ファミリー・エステートのアレクサンダー・アイゼル氏は語ります。



#4 - 今年収穫されたぶどうのワインが最初に売り場に並ぶのは2017年の年初になります

ナパヴァレーのワインで最初に出回るのがソーヴィニヨン・ブランなどの香り高い白ワインで、売り場に並ぶのは2017年の初めになります。通常は続いてロゼが、春先や初夏に楽しむのにぴったりのタイミングで登場します。そしてピノ・ノワールなどの軽いタイプの赤ワインが、夏の終わりから秋の初めに市場に出始めます。ナパヴァレーの名高いカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フランをはじめその他の赤ワインは樽で熟成させる必要があるため、発売されるのは2018年の初めになります。


#5 2016年のナパヴァレーのワイン用ぶどうの収穫については、一か所で詳しい情報を入手できます

2016年のナパヴァレーの収穫の写真、動画、レポート、ソーシャルメディアの投稿はnapavintners.com/harvestをご覧ください。

ナパヴァレー・ヴィントナーズについて
非営利生産者団体ナパヴァレー・ヴィントナーズは 1944 年の設立以来、所属する 525 を超える加盟ワイナリー に対し一貫して最高品質のワインを造ること、環境活動をリードすること、そして彼らが故郷と呼ぶナパヴァレー の特別な地を大切にすることの重要性を説き、卓越性を追求してきました。詳しくは napavintners.com (英語) または napawine.jp (日本語)をご覧ください。



<このニュース・リリースに関するお問い合わせ先>
ナパヴァレー・ヴィントナーズ 日本事務所
窓口:若下静
Email: Japan@napavintners.com
www.napawine.jp (日本語) 
www.napavintners.com (英語)