2016年7月アーカイブ

2016年7月29日 カリフォルニア州セントヘレナ

ナパヴァレーぶどう栽培者団体(Napa Valley Grapegrowers)とナパヴァレー・ヴィントナーズ(NVV)は、2016年のナパヴァレーワインのワイン用ぶどうの初収穫が行われたと発表しました。摘み取られたぶどうは圧搾機に運ばれました。銘醸ワイン産地では今年も早めの収穫となりましたが、ぶどうの出来は上々の模様です。

地元のぶどう栽培農家はこれより1週間から10日以内にソーヴィニヨン・ブランをはじめとする、香りの高い白ワイン用ぶどうの収穫を本格的に始めなければなりません。最近の暖かい気温によりぶどうはベレーゾンから完熟状態に移行しています。今年の収穫開始時期は例年よりも若干早めですが、ここ数年の初収穫日とほぼ変わりません。

今年は早い発芽に続き暖かい気温と春の雨に恵まれて、ナパヴァレーではほぼ完ぺきと言える生育期が例年より早く訪れました。ナパヴァレーぶどう栽培者団体の代表でプレミアぶどう栽培サービス(Premier Viticultural Services)のガレット・バックランド氏は、「熟成はうまく進みました。開花から着果、種子の硬化、ベレーゾンを通して最高の天候に恵まれ、素晴らしいシーズンとなりました」と、喜びを抑えきれない様子で語りました。


ぶどう栽培農家の声

収穫量についてはぶどう栽培農家によると、区画によって一房あたりの実の数が例年の平均より多い場所も見られるとのことです。「収穫量はまずまずです。今年の収穫量は例年並みと言ったところでしょうか。ただしカベルネ・ソーヴィニヨンは平均を若干下回ることが予想されます。収穫量は重要ですが、ワインの品質を語る上では1つの要素にすぎません。それよりも今年は非常に高品質のぶどうの収穫が見込まれています」とバックランド氏は語りました。
ぶどう栽培農家では必要に応じて摘房・摘粒を行う樹冠管理が大詰めを迎えています。数か月間の繁忙期を前に土壌の湿度に細心の注意を払いながらぶどう畑での最後の重要な作業にあたっています。本格的な収穫が始まるのは8月の第3週頃になる見込みですが、熱気と気温の上昇によっては収穫時期が早まる可能性もあります。
総じてナパヴァレーのぶどう栽培農家からは今年の理想的な条件を喜ぶ声が聞かれ、2016年のワインも素晴らしい出来となることが見込まれています。「私たちは本当に恵まれています」とバックランド氏は語ります。「おしなべてナパヴァレーは毎年最高の年を迎えています。」


ワインメーカーの声

一方でワインメーカーは、これから訪れる一番の繁忙期を前に準備にいそしんでいます。ホーニッグ・ヴィンヤード&ワインズの社長でNVV取締役副会長のマイケル・ホーニッグ氏は、「収穫期はワインメーカーにとって最高のシーズンです。最高のワインを作るために行ってきた12か月間の懸命な働きと集中した努力の集大成です。」

ホーニッグ氏によると、ぶどう畑で実が熟す中、これから収穫されるぶどうで作るワイン用にタンクと樽を空けるため、ワインの造り手たちは近年のワインの瓶詰作業に追われています。「いまは嵐の前の静けさです。ワインの造り手たちはワイナリーの受け入れ態勢を万全な状態にするために、設備の洗浄や確認に余念がありません。休暇や休養はもう終わり。しっかりと休んだ今、これから数か月間は寝る間もない日々が続きますが、準備は万端です。

またワインメーカーは最適なぶどうの収穫時期を見極めるために、パートナーを組んでいるぶどう栽培農家と一緒にぶどう畑を回っています。「高品質のぶどう収穫が確実となり、5年連続の快挙に一同喜んでいます。ナパヴァレーでは今年も最高のシーズンを迎えることでしょう」と、ホーニッグ氏は言います。


2016年ナパヴァレーの収穫期をフォロー

2016年のナパヴァレーの収穫に関する最新状況はnapavintners.com/harvestをご覧ください。ナパヴァレーのワインの造り手たち自ら、ソーシャルメディアで継続的に情報を提供しています。このサイトには2016年の初収穫の写真や動画、レシピ、そしてワインのことがわかるゲームもあり、一年に一度のこのイベントの興奮を、世界中のワイン愛好家も共有できるようになっています。

ナパヴァレーぶどう栽培者団体は10月に10度目となる年次収穫記者会見を開き、業界の専門家を招いて今年の生育期に関する重要な詳細を話します。この記者会見をライブで見るためには招待が必要です。ご希望の方はagill@napagrowers.org.までご連絡ください。


ナパヴァレーぶどう栽培者団体について

ナパヴァレーぶどう栽培者団体の使命は、世界に誇るナパヴァレーのぶどう畑の保護・振興に努めることです。690を超えるナパ郡のぶどう栽培農家および関連ビジネスが当団体に加盟しています。詳細はnapagrowers.orgをご覧ください。


ナパヴァレー・ヴィントナーズについて

非営利生産者団体ナパヴァレー・ヴィントナーズは 1944 年の設立以来、所属する 525 を超える加盟ワイナリー に対し一貫して最高品質のワインを造ること、環境活動をリードすること、そして彼らが故郷と呼ぶナパヴァレー の特別な地を大切にすることの重要性を説き、卓越性を追求してきました。詳しくは napavintners.com(英語) または napawine.jp(日本語)をご覧ください。



<このニュース・リリースに関するお問い合わせ先>
ナパヴァレー・ヴィントナーズ 日本事務所 窓口:若下静
Email: Japan@napavintners.com
http://www.napawine.jp (日本語) 

カリフォルニア・レーズン協会 (駐日代表:ジェフリー・マクニール) は、7 月15 日(金)より協会レシピサイト「MOGUMOGU/モグモグ」にてカリフォルニア・レーズンを使用した1 日(朝・昼・夜)の減塩セットメニューの公開を開始します。これは、今年1 月に協会が発表した「主婦を対象とした減塩意識調査」で約7 割が塩分量を気にしている一方、摂取基準が正しく認知されていないことを受け、手軽に活用できる減塩セットメニューを提案するものです。

「カリフォルニア・レーズンで毎日、おいしく減塩!!」

主婦を対象とした減塩意識調査


日本人の3 人に1 人が罹っていると推測される「高血圧」に深く関わる塩分、そしてその主成分であるナトリウムを体外に排出する効果がある「カリウム」は、減塩を行う上で大いに期待できる成分です。
今回のレシピ提案は、レーズンに多く含まれる「カリウムの働き」の認知向上が目的です。ご紹介する1 日(朝・昼・夜)計15 通りのメニューは、いずれも主菜や副菜を含むセットメニューで簡単に毎日の食事に取り入れられます。朝・昼・夜のセットメニューの組み合わせに関係なく、女性の一日の食塩摂取目標量7g未満(厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」)になるように設定しています。

メニューのポイント
■ 1日3食(朝・昼・夜)、5日分の計15通りのセットメニューを提案
■ 朝、昼、夜のセットメニューの中からどれを選択し組み合せても、塩分量は1日7.0g未満、カリウムは1日3,000mg 以上摂取、気になる総カロリー数も1日1,800kcal以下
■ セットメニューごとに、減塩のコツやカリウムを逃さずに摂取するポイントを紹介


メニュー考案・栄養監修: 弥冨 秀江 (いやどみ ひでえ)先生
<管理栄養士・産業栄養指導者・女子栄養大学生涯学習講師>

女子栄養大学 栄養学部 実践栄養学専攻卒業。病院での臨床経験を基に栄養指導、
保健指導や出版、執筆活動、企業の食品開発・メニュー開発に携わる。
著書:「女子栄養大学 栄養クリニックの減塩レシピ」、他多数


<本リリースのお問い合せ先>
株式会社フリーマン
担当:長妻・藤井
TEL: 03-5280-1351 / FAX: 03-5280-1357 / E-mail: nagatsuma@freeman-pr.com
*本リリース・レシピ掲載・調査結果の詳細資料につきましては、上記までご連絡ください。


上記リリース内容及び詳細PDFのダウンロードはこちら  pdficon_large.gif