2016年2月アーカイブ

原宿のキャットストリートにある話題のカフェ「bio ojiyan cafe 」は、好みのトッピングで食べられるヘルシーな「おじや」で有名な女性に大人気のスポットです。
同店の看板メニューのおじやに、カリフォルニア生まれのおコメ「カルローズ」を使用した"プレミアムおじや"が期間限定で登場しました。その名も"うなぎの蒲焼と梅ひじきの柚子薫る生姜おじや"、カリフォルニア米に和食材を組み合わせたダイナミックで意外性に富んだ一品です。

うなぎの蒲焼と梅ひじきの柚子薫る生姜おじや M サイズ ¥1,200 / L サイズ ¥1,300 (税別)
長谷川店長コメント:カルローズはサラッとして味が染みやすく、日本米とはまた異なったおじやに仕上がりました。


USAライス連合会 [本部:米国バージニア州] は、冬のプロモーションとしてスープと相性の良いカリフォルニア生まれの中粒種「カルローズ」を使った温かいスープニューを開発・提供するレストランやカフェをサポートしています。「bio ojiyan cafe 」とのコラボレーションで初の「カルローズのおじやメニュー」が加わりました。「カルローズ」は日本のおコメ(短粒種)に比べて少し長くて大きいジャポニカ系のおコメです。軽い食感で「味や香りを吸収しやすく、スープを加えてもおコメの形が崩れにくい」のが特長でおじやにもピッタリ、お鍋の〆にもお勧めしています。サラリとした食感のカルローズのおじやを是非お試しください。


■「bio ojiyan cafe (ビオオジヤンカフェ)」 https://www.facebook.com/bio.ojiya.cafe
渋?区神宮前4-26-28 ?内ビル1F TEL.03-3746-5990
<当メニューは2?26?から限定数量に達し次第終了となります。>

※その他のカルローズの食べられるお店については「カルローズ×スープ」メニュープロモーション特設HP



<当プレスリリースに関するお問い合わせ先>
USAライス連合会日本代表事務所
電話 03-3292-5507
メール info@usarice-jp.com

広報担当:(株)プラネックス内/清(すが) 
電話 03-5411-3981
メール suga@plx.co.jp
上記リリース内容及び詳細PDFのダウンロードはこちら  pdficon_large.gif

~ 2014年のワインが出品商品の88%を占めました~
2016年2月20日 -  カリフォルニア州セントヘレナ -  ナパヴァレーのユニークなワインを求める市場からの強い引き合いを受け、ナパヴァレー・ヴィントナーズ(NVV)は本日のナパヴァレー・バレルテイスティングとオークションで総額500万ドルを集め、20年続くイベントの歴史上3番目に高い収益を挙げました。


出品された全226ロットのうち199ロットが2014年に収穫されたぶどうで造られたワインでした。2014年のワインはナパヴァレーのワインの中でも最も出来が良いと評される3年間の3年目の年のワインです。

「今日のイベントはナパヴァレーの最も希少性の高いワインの収集価値をまざまざと見せつけました。」と語るのは、NVV理事会の理事長でありサン・スペリー・エステート・ヴィンヤーズ&ワイナリーの最高経営責任であるエマ・スウェイン氏です。「私たちのワイン造りに限りない可能性と卓越性を見出し毎年欠かさずこのイベントに参加してくださるワイン業界の友人と同僚に心から感謝を申し上げます」。

1,000名を超えるワイン専門家が参加したプルミエ・ナパヴァレー2016は、ナパヴァレーのワイン造りに老舗ブランドと新規参入者の両者が活躍している構図を印象づけました。毎年恒例となっているバレルテイスティングとオークションはライセンスを持った業界関係者のみが参加することができ、違いの分かる顧客やコレクターのためにワインを仕入れます。地元で開催されるワイン先物のバレルオークションとしてはアメリカで最も長い歴史を誇ります。

「今日の結果には一同喜びを隠せません。また業界のパートナーたちとワインを一緒に楽しむことができ、素晴らしい一日でした」と、今年のプルミエ・ナパヴァレーの運営委員会会長を務めたシェーファー・ヴィンヤーズのダグ・シェーファー氏は語りました。「過去20年にわたりプルミエ・ナパヴァレーは、品質向上を追求するナパヴァレーのワインの造り手を強力に後押ししてきました。このイベントのおかげで私たちがさらに良いワインを作れていると言っても過言ではありません。」

プルミエ・ナパヴァレーで出品されるワインは60本から多くても240本以下の超極小ロットで生産されたユニークな商品の数々です。ボトル一本一本にワインメーカーが手書きでサインをして付番がされており、限定生産されたワインの希少性と収集価値をさらに高めています。今年のユニークなロットの詳しい説明はhttp://www.premierenapawines.comでご覧いただけます。

今年新しく導入されたのがEプルミエ・ナパヴァレー・オンライン・オークションで、本日出品された226ロットのうち26ロットは事前に登録した世界のワイン業界関係者を対象にオンラインのみで競売が行われました。

本日高額で入札されたロットはイタリックス・ワイングロワーズ、メメント・モリ、ナイン・サンズ、レアムセラーズ、ロンバウアー・ヴィンヤーズ、トワーケンワード・ファミリー、ダックホーン・ヴィンヤーズ、シルバーオーク・セラーズ、ZDワインズなどでした。

プルミエ・ナパヴァレー・ワインの入手を希望するコレクターの方はhttp://www.premierenapawines.comから2016年の各ロットの落札業者情報をご覧いただけます。また過去のプルミエ・ナパヴァレーで出品されたワインの落札業者情報も同サイトでご覧いただけます。

何百人ものワイン業界関係者とメディア関係者がナパヴァレーに一同に介し、ワインについての知識を深め、専門的なテイスティングが行われた一週間。プルミエ・ナパヴァレーは同イベントの最大の目玉として執り行われました。

プルミエ・ナパヴァレーのワインを収集するコレクターのインタビューもリクエストに応じて受け付けています。 


ナパヴァレー・ヴィントナーズについて

非営利生産者団体ナパヴァレー・ヴィントナーズは1944年の設立以来、所属する525を超える加盟ワイナリーに対し一貫して最高品質のワインを造ること、環境活動をリードすること、そして彼らが故郷と呼ぶナパヴァレーの特別な地を大切にすることの重要性を説き、卓越性を追求してきました。詳しくは www.napawine.jp をご覧ください。


<このニュース・リリースに関するお問い合わせ先>
ナパヴァレー・ヴィントナーズ 日本事務所 窓口:若下静
Email: Japan@napavintners.com
おコメを使ったスープメニューが新トレンドになる?!
カリフォルニア米「カルローズ」×スープの温かメニュー


USAライス連合会 [本部:米国バージニア州] は、冬のプロモーションとしてスープと相性の良いカリフォルニア生まれの中粒種「カルローズ」を使った温かいスープニューを開発・提供するレストランやカフェをサポートしています。昨年11月より第1弾として都内を中心に10店舗で順次スタート、2月からは新たに6店が加わり第2弾が開始いたしました。また第1弾の3社(5店)では、好評のため期間を延長して実施中です。引き続き、3月まで参加店舗を拡大していく予定です。

軽い食感で「味や香りを吸収しやすく、スープを加えてもおコメの形が崩れにくい」という「カルローズ」の特長を活かしたカルローズ×スープメニュー、各店のシェフがオリジナルに開発した温かメニューのバリエーションが増え続けています。


USAライス連合会 日本代表事務所では、冬のプロモーション「スープ×カルローズ」を提案しています。今年も都内を中心にタイアップレストランを開拓する他、一般消費者向けには、カルローズとスープを合わせたヘルシーで簡単なボウルメニュー「スープ・カルボウル」の開発も進めています。「カル・ボウル」のレシピや参加レストランとメニューに関する情報は、随時-ホームページ上に公開しています。

2015/2016冬「カルローズ×スープ」メニュープロモーション特設ホームページ


カルローズはカリフォルニアのバラという意味の名前を持つ、カリフォルニア州オリジナルの中粒種です。
日本のおコメである短粒種とタイ米等で知られる長粒種の中間にあたり、双方の優れた点を持ち合わせ、軽い食感とアルデンテとも言える歯ごたえが特長です。


<当プレスリリースに関するお問い合わせ先>
USAライス連合会日本代表事務所
電話03-3292-5507
メール info@usarice-jp.com

広報担当:(株)プラネックス内/清(すが) 
電話03-5411-3981 
メール suga@plx.co.jp

上記リリース内容及び詳細PDFのダウンロードはこちら  pdficon_large.gif

いつもナパヴァレー・ヴィントナーズの活動にご理解をいただき、ありがとうございます。

先日来日しました、アメリカでトップ10に入るナパ在住の著名な女性ソムリエ、ケリー・ホワイト(Kelli White)の著書『NAPA VALLEY NOW & THEN』 http://www.napavalleythenandnow.com/book>を、ナパヴァレー・ヴィントナーズ日本事務所で購入することができます。
この本は、世界から注目されているナパのワインについて、150あまりのワイナリーの特徴や情報を集めた権威あるガイドです。ナパのワインに関心のある方なら、手元に置いておきたい一冊です。

この書籍は、現在、下記のサイトで直接購入することができますが、海外からの送料等が別途かかります。

そこで、ナパヴァレー・ヴィントナーズ日本事務所が、期間限定でとりまとめまして、日本の希望者にお届けします。
*amazonなどでは購入できません。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
金額:1冊12,000円 (国内送料を別途いただきます)
     <英語。約1,250頁 変形A4サイズ 百科事典ほどの厚さ&重さです>
申込締切:2016年2月末日
お届け時期:2016年3月中を予定
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ご希望される方は、件名に「ケリー・ホワイト書籍」と明記し、下記5つの内容を、ナパヴァレー・ヴィントナーズ日本事務所(Japan@napavintnes.com)までメールにてお知らせください。お支払い方法につきましては、別途ご案内さしあげます。

1.お届け先お名前
2.お届け先ご住所
3.希望冊数
4.どちらでこの本のことを知ったか
5.今後、ナパヴァレー・ヴィントナーズ日本事務所からのEメールでの情報配信を希望する/希望しない

なお、いただきました個人情報につきましては、上記[5]で情報配信を希望される方以外は、本書籍の購入手続き・お問い合わせ内容に対しての情報提供目的のためにのみ利用させていただきます。

ぜひ、この機会にお買い求めください。


<お問い合わせ&お申込は>
ナパヴァレー・ヴィントナーズ日本事務所
Japan@napavintnes.com
ケリー・ホワイト書籍係

2016年2月3日 -  カリフォルニア州セントヘレナ - 今年で36回目を迎える毎年恒例のオークション・ナパヴァレー、アメリカン・ワイン・クラシックのチケットの販売が始まりました。非営利生産者団体ナパヴァレー・ヴィントナーズ(NVV)が主催する今年のオークション・ナパヴァレーは2016年6月2日~5日まで開催されます。参加者は風光明媚なアメリカの銘醸ワイン産地で地元のあたたかい歓待を受け、世界最高峰のワインに祝杯をあげます。当イベントで得た収益は地域の医療と児童教育に役立てられます。

オークション・ナパヴァレーの開催期間は週末を含む4日間となりますが、毎年チケットは大変早く売り切れます。またチケットの数には限りがあります。チケットには以下の4つのパッケージの選択肢がありauctionnapavalley.org から購入できます。

・VIPオークション・ナパヴァレー・エクスペリエンス

・ コンプリート・オークション・ナパヴァレー・エクスペリエンス

・土曜日のライブオークション・セレブレーション

・テイスト・オブ・オークション・ナパヴァレー


今年はクインテッサのアグスティン・ユネウス氏がイベントの名誉会長を務め、全体の指揮に当たります。イベント期間中のハイライトは以下の通りです。

・ワインの造り手によるウェルカムパーティー:4日間にわたる祭典は、ナパヴァレーのワインの造り手によるカジュアルなパーティーで幕を開けます。ワインの造り手がワイナリーやぶどう畑、ワインセラーにゲストを招きます。

・金曜日にはナパヴァレー・バレルオークションが開かれます。会場はナパヴァレーを象徴するロバート・モンダヴィ・ワイナリーで、今年で創立50周年を迎えます。ゲストは庭を自由に歩き回り、いま発売されている100種類以上のワインと、数十名の才能豊かなナパヴァレーのシェフが用意した軽食を楽しむことができます。ワイナリーの屋内では皆が待ち望む2013、2014、2015年の100種類のワインを樽から直接試飲することができ、参加者はナパヴァレーでも最高傑作を誇る希少価値の高いワインの入札に参加できます。他では手に入らないナパヴァレーのワインや体験、特別な冒険を手にするための新たな入札方法として、今年はビッグ・ボード・オークションが導入されます。

・ワインの造り手主催のディナー・パーティー:金曜日の夜にはオークションのゲストを招いてナパヴァレー中のワインの造り手の自宅やワイナリーで親しい雰囲気のディナーパーティーが催されます。ナパヴァレーの中でも特に腕利きのシェフたちが腕によりをかけて作った料理が供されます。

・土曜日はワインの造り手が主催する戸外のパーティーで始まります。こちらも今年のオークション・ナパヴァレーで初めての試みとなります。ボッチェとブランチ、ぶどう畑でのヨガや戸外派アートクラスなど屋外でのアクティビティーが予定されています。

・オークション・ナパヴァレーの最大の目玉であるライブオークション・セレブレーションは土曜日の午後、味わい深いナパヴァレー料理で始まります。その後ゲストはメドウッド・ナパヴァレーの庭に設置された巨大な白いテントの下に移動し、素早いテンポで進んでいくライブオークションに参加します。オークションの後は星空の下でディナーとダンスを楽しみます。

・オークション・ナパヴァレーの週末は、日曜日のフェアウェル・ブランチで幕を閉じます。

オークション・ナパヴァレーの収益は毎年、ナパヴァレーの非営利団体を利用する10万人以上の地域住民に役立っています。1981年の開催以来NVVは、オークション・ナパヴァレーの収益から1億5千万ドル以上を地域医療と児童教育分野に寄付してきました。

イベントの詳細やチケットの購入、オークション・ナパヴァレーの収益が地域住民の生活にどう役立てられているかについてもっと詳しく知りたい方は、auctionnapavalley.org からご覧ください。

オークション・ナパヴァレーについて

オークション・ナパヴァレーはNVVが毎年開催している地域のためのチャリティーイベントで、約35年にわたり世界で名高いナパヴァレーのワインとその景観美を活かしてナパヴァレーの住民の健康増進と福祉向上のために資金を集めてきました。今日に至るまでにNVVはオークション・ナパヴァレーで上げた1億5千万ドル以上の収益をナパ郡の非営利団体に寄付しています。詳しくはauctionnapavalley.org をご覧ください。


ナパヴァレー・ヴィントナーズについて

非営利生産者団体ナパヴァレー・ヴィントナーズは1944年の設立以来、所属する525を超える加盟ワイナリーに対し一貫して最高品質のワインを造ること、環境活動をリードすること、そして彼らが故郷と呼ぶナパヴァレーの特別な地を大切にすることの重要性を説き、卓越性を追求してきました。詳しくは www.napawine.jp をご覧ください。


<このニュース・リリースに関するお問い合わせ先>
ナパヴァレー・ヴィントナーズ 日本事務所 窓口:若下静
Email: Japan@napavintners.com
Facebook: facebook.com/napavintnersjapan
米国食肉輸出連合会(USMEF、 http://www.americanmeat.jp/)は、2月10日(水)~12日(金)の3日間ビッグサイトにおいて開催される、「スーパーマーケット・トレードショー2016」に出展します。
記念すべき50回を迎える今年の展示会は、前回に引き続き「"創"ニッポン」をメインテーマとして、食にまつわる4つの展示会をビッグサイト東西全館で合同開催し、開催規模は1.5倍、来場者数も10万名に拡大の予定です。
USMEFは、サーティファイドアンガスビーフ(CAB)教会と協力してブースを構え、アメリカン・ミートの需要拡大に向けた2016年の方向性や戦略をメニューアイデアの提案や試食を交えてご紹介いたします。


【共同出店企業と主な注力商品】

・サーティファイドアンガスビーフ(CAB)協会 : サーティファイドアンガスビーフの商品

アメリカン・ビーフにおいては、生産量が回復し、安定した供給になると米国農務省が予測を発表しています。その中で、トレンドである『赤身肉』『かたまり肉』の訴求として、ローストビーフ、厚切りステーキというアメリカン・ビーフならではのおいしさをご提案いたします。

また、アメリカン・ポークでは、昨年ごちそうアメリカ・ポークの「ごちポ」という新しいロゴを考案し、今までにない親しみのあるキャラクター「ごちポくん」を登場させました。今回は、「ごちそうかたまり肉」を中心に、流通各社様に試食と共にご提案させていただきます。

今年も、この2つの新ロゴを継続しつつ、流通各社様へのアメリカン・ビーフ、ポークの新たなご提案をさせていただきます。是非USMEFブースへお立ち寄り下さい。



名 称 : スーパーマーケット・トレードショー2016  (http://www.smts.jp/index.html
会 期 : 2016年2月10日(水)~12日(金)  10:00 ~ 17:00 (最終日のみ16:00まで)
会 場 : 東京ビッグサイト(東西全館) ※USMEFブースは[東ホール2 小間No.E2-604]
      東京都江東区有明3-11-1 (TEL. 03-5530-1111)
入場料 : 5,000円(税込) 業界関係者のみ、18歳未満入場不可
主 催 : 一般社団法人 新日本スーパーマーケット協会


<お問い合わせ先>
米国食肉輸出連合会(USMEF)
担当:土方
thijikata@usmef-jp.org

上記リリース内容及び詳細PDFのダウンロードはこちら  pdficon_large.gif