2016年1月アーカイブ

『ホワイトソルガムきびレシピBOOK』
2016年1月22日(金)発売

監修:アメリカ穀物協会 発行:主婦の友社 定価:本体1200円+税


食物繊維やミネラルが豊富で腹もちがよく、グルテンフリーという特長や、調理・加工のしやすさなどで、スーパー雑穀として注目を集めている「ホワイトソルガムきび」に関する日本で初めてのレシピ集。

味や香りにくせがないので使いやすく、おかずやサラダ、スープなどはもちろん、お菓子・パン作りにもおすすめです。本書では、ホワイトソルガムきびを使った簡単でおいしい料理のつくり方を紹介します。


<PART1>
話題のスーパー穀物・ホワイトソルガムきびで毎日ヘルシーごはん
パラリと炊きあがる特長をいかした洋風の炊き込みご飯、油を吸いにくい性質から衣に使うとサクサクした仕上がりになる揚げ物、小麦の代わりに使ってグルテンフリーなパウンドケーキなど、毎日の食事に取りいれたくなる21レシピ。

<PART2>
家で作るホテルのブッフェ風人気メニュー
洗練されたホテルダイニングのブッフェメニューをおうちでも!「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」の副総料理長が、ホテルレストランで好評だったホワイトソルガムきびのメニューを、家庭でもつくりやすいようにアレンジした10のレシピを紹介。おもてなしやパーティ、休日のブランチにぴったり。


料理監修

佃 勇 (つくだ・いさむ)
ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ 副総料理長(レストラン担当)シェフズ ライブ キッチン料理長兼店長。テレビでは"竹芝の巨匠"、ホテルブッフェの"賢人"として紹介されるなど、注目を集めている。"ヘルシー・ビューティ・フレッシュ"をコンセプトに、ライブ感あふれるブッフェスタイルを展開するシェフズライブキッチンでは、2015年夏にホワイトソルガムきびを使ったオリジナルメニューのフェアが好評を博した。

検見崎聡美 (けんみざき・さとみ)
料理研究家、管理栄養士。体にやさしく、おいしくて手軽に作れる料理で人気。栄養や食材についての豊富な知識を生かし今回はホワイトソルガムきびを日々の家庭の食卓にとり入れやすい、簡単レシピを考案。


amazonにて予約受付開始!

上記リリース内容及び詳細PDFのダウンロードはこちら  pdficon_large.gif

ナパヴァレー・ヴィントナーズの年次総会では、同生産者団体がこれからもナパの名称を守り、消費者の混乱を防ぐために取り組んでいく決意を表明しました


2016年1月19日 - カリフォルニア州セントヘレナ - ナパヴァレー・ヴィントナーズ(NVV)に加盟するワイナリー3社が本日開催された同生産者団体の会員の年次総会で、ナパヴァレーの酒精強化デザートワインの商品名に「ポート」を使用することを自主的に中止すると発表しました。

2006年に米国・欧州委員会ワイン貿易協定が締結された際に、ワイン生産者のボイド・ファミリー・ヴィンヤーズ、フリーマーク・アビー、ジェサップ・セラーズの3社はこの新法令の適用が除外されたため、法的には商品名に「ポート」を使用する権利があります。しかしながらワイン生産地の名称を保護するNVVの取り組みを尊重し、さらにナパヴァレーと関係が深くワインの産地名として最も長い歴史を誇る盟友のポルトに敬意を表して、半総称的な名称となっている「ポート」の使用を中止することに各生産者自らが合意しました。

「ナパの名称を守り、消費者の混乱を防ぐことはNVVにとって最優先事項です」と話すのは、サン・スペリー・エステート・ヴィンヤーズ&ワイナリーのCEOで、525以上のワイナリーが加盟するNVVの会長に新たに就任するエマ・スウェイン氏です。「ナパヴァレーの名称を尊重するよう他の地域に呼びかける以上、私たち自身も襟を正さなくてはなりません。当団体のワイナリー3社の取った正しい行動を称賛するとともに、さらに多くのワイナリーが3社に倣うことを期待します。」

年次総会の基調講演ではコミテ・シャンパーニュの会長であるヴィンセント・ペリン氏が登壇し、同生産者団体のラグジュアリー・マーケティングについて語りました。シャンパーニュはNVVと強力な連携を組んで高級ワイン産地の地名を保護・尊重する世界的な取り組みを展開してきました。またナパヴァレー、シャンパーニュ、ポルトの三者は2005年に結ばれた欧米協定「ワイン商品の地名と原産地名称を守るための共同声明 (Joint Declaration to Protect Wine Place & Origin)」に署名した原当事者でもあります。
年次総会ではさらに、NVV取締役会会長を退任するシルバー・オーク及びトゥーミー・セラーズのデイビッド・R・ダンカン氏が、ワインの樽を開く時に使う同団体の式典用の木槌を新会長のスウェイン氏に手渡しました。スウェイン氏の率いる2016年のNVV取締役会に責任者として加わるのは副会長に就任するホーニッグ・ヴィンヤード&ワイナリーのマイケル・ホーニッグ氏と、会計・書記に就任するブラックバード・ヴィンヤーズのポール・リアリー氏です。今年度NVV取締役会の役員に就任するその他のメンバーは、シャトー・ボスウェルのスーザン・ボスウェル氏、ダリオッシュのダリオッシュ・カレディ氏、ストーニー・ヒルのピーター・マックレア氏、オーパス・ワンのデイビッド・ピアソン氏、ラデラ・ヴィンヤーズのパット・ストテスベリー氏、トレフェセン・ファミリー・ヴィンヤーズのヘイリー・トレフェセン氏、シルヴェラード・ヴィンヤーズのラス・ウェイス氏です。2016オークション・ナパヴァレー・コミュニティー・ボードには、地域住民から選ばれたデイビッド・バトラー氏、エド・マトヴィック氏、キャロル・キンガリー・リッター氏が務めることが発表されました。
本日のNVV年次総会の写真はhttps://napavintners.smugmug.com/2016-General-Membership-Meetinからご覧いただけます。
ワインの商品名の意図的な不正表示や、地理的名称の不正使用を阻止するための活動の詳細はこちらのサイトをご覧ください:http://www.wineorigins.com

ナパヴァレー・ヴィントナーズについて

非営利生産者団体ナパヴァレー・ヴィントナーズは1944年の設立以来、所属する525を超える加盟ワイナリーに対し一貫して最高品質のワインを造ること、環境活動をリードすること、そして彼らが故郷と呼ぶナパヴァレーの特別な地を大切にすることの重要性を説き、卓越性を追求してきました。詳しくはhttp://napavintners.comをご覧ください。


<このニュース・リリースに関するお問い合わせ先>
ナパヴァレー・ヴィントナーズ
日本事務所 窓口:若下静
Email: Japan@napavintners.com
www.napawine.jp (日本語)

2016年1月15日 - カリフォルニア州セントヘレナ - ナパヴァレー・ヴィントナーズ非営利生産者団体(NVV)は今日、今年のプルミエ・ナパヴァレーのバレル・テイスティングと先物オークションで出品されるロットのうち、25ロットはオンライン入札限定とすることを発表しました。初開催となるEプルミエ・ナパヴァレー・オンラインオークションは2月19日の午前8時(太平洋標準時刻)から始まり、事前にライセンス登録を行えば世界のどこからでも参加することができます。


プルミエ・ナパヴァレーに出品されるワインはNVV加盟ワイナリーによって生産され、生産本数は60本から最大でも240本と、流通する商品の中では最も希少で高い品質を誇ります。今年出品される希少な225ロットのワインについては premierenapawines.comに詳しい説明が紹介されています。毎年開催されているプルミエ・ナパヴァレーですが、20回目となる今年は25ロットがオンライン限定で販売されることになりました。他の200ロットは2月20日にグレイストーンのカリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカで開かれるオークションで販売されます。入場券は既に売り切れとなっています。


プルミエ・ナパヴァレーに参加できるのは、事前にライセンス登録しているワイン業界関係者に限られます。同イベントで出品された非常に珍しいワインは業者を通じて得意客や目利きのコレクターの手にわたります。アメリカの高級ワイン産地、ナパヴァレーに集うのは小売業者、レストラン経営者、ホテル経営者、クラブマネージャー、卸売業者を代表する主要な一流のワイン専門家で、今や2月の中旬は「ナパヴァレーのワインビジネスにとって最高の一週間」として広く知られています。プルミエ・ナパヴァレーの開催前には知識を深めたりネットワークを広げるためのイベントが多数開かれ、ワイン業界関係者はナパヴァレーのワイナリー経営者やワイン生産者と個人的な付き合いを深めます。


「プルミエ・ナパヴァレーは、ワインの造り手がいつも思っている"こんなワインを造ってみたい"というワインを、普段のワイン造りから離れ、プルミエ・ナパヴァレーのためだけに一回限り造る、そんな機会になっています」と話すのは、シェイファー・ヴィンヤーズの経営者であり2016プルミエ・ナパヴァレーの運営委員会会長を務めるダグ・シェイファー氏です。「こうして造られたかけがえのない宝物のような一品を私たちは仲間のワイン業界関係者と共有し、商品は彼らを通して大切なお客様の手にわたります。」


プルミエ・ナパヴァレーのワインがユニークなのは、一品一品にナパヴァレーのワイン造りに対するこだわりが込められているからです。特定のワイン畑、特定の区画、さらには特定のぶどうの木の列から採れたぶどうを使って造ったワイン、同じぶどう品種でも土壌の種類、畑の標高、微小気候によって生まれる味の違いを活かしたワイン、ナパヴァレーに入り組む16のアぺレーションの特徴を活かしたワイン、プルミエ・ナパヴァレーのためだけの特別ブレンドや発酵・熟成手順で造ったワイン、著名なワインメーカー同士のコラボレーションなど、さまざまな要素が詰まっています。プルミエ・ナパヴァレーのワインは一本一本にラベルが手作業で貼られ、番号が記され、造り手のサインが入ります。こうして完成した特徴的なワインには、コレクション性に一層の特別感が加わります。


プルミエ・ナパヴァレーに参加できないワイン業界関係者は、事前登録を行うことで世界のどこからでもオンライン入札に参加することができます。入札開始時間は2月19日(土)午前8時(太平洋標準時間)から、入札終了時間は2月20日(日)午後6時(太平洋標準時間)です。ワイン業界関係者のEプルミエ・ナパヴァレー・オンラインオークションの詳しい登録方法についてはpremierenapawines.comをご覧いただくか、NVV(707-963-3388)までお電話でお問合せください。


斬新で創造性溢れるナパヴァレーのワイン造りの精神が凝縮された貴重な一品をコレクションに加えたいというワイン愛好家の方々には、購入方法が複数あります。前回までのプルミエ・ナパヴァレー・オークションで販売されたワインについては、ウェブサイト上で販売者の連絡先を合わせてご案内しています。2016年2月に販売される先物ワインの購入を希望される場合には、イベントに参加する小売業者やワイン業界関係者に入札を依頼してください。


ナパヴァレー・ヴィントナーズについて
非営利生産者団体ナパヴァレー・ヴィントナーズは1944年の設立以来、所属する525を超える加盟ワイナリーに対し一貫して最高品質のワインを造ること、環境活動をリードすること、そして彼らが故郷と呼ぶナパヴァレーの特別な地を大切にすることの重要性を説き、卓越性を追求してきました。詳しくはwww.napawine.jpをご覧くださいhttp://www.napawine.jpをご覧ください。


<このニュース・リリースに関するお問い合わせ先>
ナパヴァレー・ヴィントナーズ
日本事務所 窓口:若下静
Email: Japan@napavintners.com
www.napawine.jp (日本語)
~カリフォルニア、ナパヴァレーワインに理解のある国内のホテル、レストラン、バーの9店が受賞~

2016年1月15日 ー 東京 ーナパヴァレー・ヴィントナーズ非営利生産者団体(Napa Valley Vintners 本部カリフォルニア州ナパヴァレー)が毎年日本で実施する「ナパヴァレー・ワイン・バイザグラス・プロモーション2015」の受賞結果を発表いたします。本プロモーションは、環境保全や地域コミュニティーに貢献しながらサステナブルなライフスタイルを目指し、ワイン生産に取り組むナパヴァレーのワインを日本でより多くの方に知ってもらう機会として、毎年開催しているものです。今回はカリフォルニア、ナパヴァレーワインに理解のある国内のホテル、レストラン、バーの9店が受賞いたしました。

今年は、2015年10月1日から11月30日まで、国内のホテル、レストラン、バーを対象に実施いたしました。参加店は、レストラン・バー部門が49店、ホテル部門が5店の合計54店でした。受賞結果は、下記のとおりとなります。


■参加店数
レストラン・バー部門 49店 + ホテル部門 5店 = 合計54店

■レストラン・バー部門
売上本数最多店 (2店)
東京アメリカンクラブ(840本)
ロウリーズ・ザ・プライムリブ 東京(710本)

売上金額最高店
ウルフギャング・ステーキハウス 六本木店(19,621,464円)

1席あたり本数最多店
エド・パーラー (59.6本)

初参加優秀店
ウルフギャング・ステーキハウス 大阪店(856本)

日本料理優秀店
カモシヤ (900本)


■ホテル部門
売上本数最多店 (2店) 
グランド ハイアット 東京 オークドア(2,253本)
パーク ハイアット 東京 ニューヨーク グリル&バー(2,075本)

■レストラン・バー部門/ホテル部門 共通
ベストキャンペーン賞 
ルース クリス ステーキハウス(1,302本)

※売上本数・金額は2015 年9 月15 日~11 月30 日の仕入れ本数をもとに集計


受賞店には、ナパヴァレー研修ツアー「エクスペリエンス・ナパヴァレー」にご招待いたします。

なお、本プロモーション実施にあたり、たくさんの方のご協力をいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。誠に有難うございました。なお、引き続き、「ナパヴァレー・ワイン・バイザグラス・プロモーション2016」の開催を今年予定しております。


ナパヴァレー・ヴィントナーズについて
非営利生産者団体ナパヴァレー・ヴィントナーズは1944 年の設立以来、所属する525 を超える加盟ワイナリーに対し一貫して最高品質のワインを造ること、環境活動をリードすること、そして彼らが故郷と呼ぶナパヴァレーの特別な地を大切にすることの重要性を説き、卓越性を追求してきました。詳しくはwww.napawine.jp(日本語サイト)およびwww.napavintners.com(英語サイト)をご覧ください。


<このニュース・リリースに関するお問い合わせ先>
ナパヴァレー・ヴィントナーズ
日本事務所 窓口:若下静
Email: Japan@napavintners.com
www.napawine.jp (日本語) www.napavintners.com(英語)


上記リリース内容及び詳細PDFのダウンロードはこちら  pdficon_large.gif

時下益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。

この度、米国食肉輸出連合会(USMEF、会長:フィリップ・セング)は、ジャパン・ディレクターとして山庄司岳道(やましょうじ たけみち)を2016年1月1日付けで任命いたしましたことをご報告いたします。

山庄司は平成11年以来、シニアマーケティングディレクターとしてトレード向け広報・販促活動に幅広く貢献し、国内外共に高く評価されております。
日本市場において、米国食肉業界がさらに発展していくために同氏のリーダーシップは不可欠と期待するところであります。

就任にあたり同氏は次のようにコメントしています。「米国食肉業界の発展に力を注ぐとともに、日本の業界および消費者の皆様のご期待に添うべく鋭意努力する所存でございます。」

今後とも一層のご厚誼ご支援を賜りますようお願申し上げます。
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます。


<本件に関するお問い合わせ先>
米国食肉輸出連合会
土方
thijikata@usmef-ja.org


上記リリース内容及び詳細PDFのダウンロードはこちら  pdficon_large.gif

ポートランドフェア

・ 2016年1月27日(水)~2月7日(日)
・ 阪神百貨店梅田本店 
『ワンダフルワンダーランド ポートランドフェア』8階催場
〒530-8224 大阪市北区梅田一丁目13番13号 電話(06)6345-1201
阪神百貨店梅田店が『ワンダフルワンダーランド ポートランドフェア』を開催します。
大自然に恵まれたアメリカ西海岸のオレゴン州ポートランドは今『全米で一番住みたい街』として注目があつまっています。そこで暮らすクリエイティブな人々がこだわりをもって生み出すクラフト・フードが多数登場します。
米国大使館アメリカ農産物事務所後援。

【 主な出展フードブランド 】
・ コンブチャ・ワンダー・ドリンク
・ ブルー・スター・ドーナッツ
・ ジャコブセン・ソルト
・ スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ
・ ウォーター・アベニュー・コーヒー
・ パドラーズ・コーヒー
・ スミス・テーメーカー
・ バーンサイド・ブリューワリー
・ ローレルウッド・パブリック・ハウス・アンド・ブリューワリー
・ アルマ・チョコレート
・ カカオ・ドリンク・チョコレート
・ ウッドブロック・チョコレート
・ ミッショナリー・チョコレート 等


詳しくはこちらを:



上記リリース詳細PDFのダウンロードはこちら  pdficon_large.gif