プレスリリース

2015/12/07NVV、ナパヴァレーの認証マークを取得 ‐ 同種のマーク取得は米国初
認証マークの取得は、世界の消費者をワインラベルの虚偽表示から守る活動の弾みになります

2015年12月7日 - カリフォルニア州セントヘレナ - ナパヴァレー・ヴィントナーズ非営利生産者団体は今日、「ナパヴァレー」の名称が認証マークとして米国特許商標庁から認可されたと発表しました。NVVはこれまで、ナパヴァレーの名称を保護し、消費者が虚偽表示に惑わされることがないよう取り組んできましたが、今回の達成はその活動に大きな弾みをつけることになります。アメリカ政府公認葡萄栽培地域(AVA)が米国で認証マークとして登録されるのは初めてのことです。

今回認証マークを登録するにあたっては、国に対する5年間の働きかけや100以上のブランド所有者との合意が必要でした。認証マークの登録は、NVVが世界中で行っているナパヴァレーの名称を保護する活動に必要不可欠です。

「NVVは、消費者がワインラベルの虚偽表示によって被害を受けることがないよう積極的に活動を展開する、ワイン業界のリーダーです」と話すのは、ナパヴァレーにあるディキンソン・ピートマン&フォガーティ弁護士事務所の商標弁護士で、商標登録に関するNVVの顧問でもあるスコット・ゲリエン氏です。「ナパヴァレーの名称を守るために諸外国と交渉しているうちに、私たちは外国政府の協力を本当に仰ぐのであれば、まずは米国国内で然るべき地位を確立する必要があるということに気づきました。認証マークが登録されるまでには随分時間がかかりましたが、米国特許商標庁の協力には感謝しています。」

米国特許商標庁から認証マークを取得するためには、商標に「ナパ」の名称を使用するワイナリーやワイン関連のビジネスから50以上の契約書を取得し、商標がナパヴァレーのAVAの基準に合致していることを証明する必要がありました。認証マークの申請をした後も、新たな「ナパ」の商標所有者とさらに50の契約書を個別に結んで認証マークが実際に行使されていることを示しました。

「認証マークを取得するには長い時間がかかりましたし、手続きも煩雑でした」と話すのは、NVV政府交渉担当役員のレックス・スタルツ氏です。「もちろん認証マーク取得のお祝いにはナパヴァレーのスパークリングワインを開けました。」

米国で認証マークを取得したNVVですが、海外ではオーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、EU、インド、イスラエル、ニュージーランド、ノルウェー、台湾、タイ、トルコと、ナパヴァレーの名称を保護することで既に合意しています。今回米国で認証マークを取得したことで、さらに多くの国との交渉がしやすくなり、また世界の消費者を保護する活動にも弾みがつきます。


ナパヴァレー・ヴィントナーズについて
非営利生産者団体ナパヴァレー・ヴィントナーズは1944年の設立以来、所属する525を超える加盟ワイナリーに対し一貫して最高品質のワインを造ること、環境活動をリードすること、そして彼らが故郷と呼ぶナパヴァレーの特別な地を大切にすることの重要性を説き、卓越性を追求してきました。詳しくは www.napawine.jp をご覧ください。



<このニュース・リリースに関するお問い合わせ先>
ナパヴァレー・ヴィントナーズ 日本事務所
窓口:若下静
Email: Japan@napavintners.com
http://www.napawine.jp (日本語) 
ページトップへ