2015年12月アーカイブ

2015年12月7日 - カリフォルニア州セントヘレナ - ナパヴァレー・ヴィントナーズ非営利生産者団体は今日、「ナパヴァレー」の名称が認証マークとして米国特許商標庁から認可されたと発表しました。NVVはこれまで、ナパヴァレーの名称を保護し、消費者が虚偽表示に惑わされることがないよう取り組んできましたが、今回の達成はその活動に大きな弾みをつけることになります。アメリカ政府公認葡萄栽培地域(AVA)が米国で認証マークとして登録されるのは初めてのことです。

今回認証マークを登録するにあたっては、国に対する5年間の働きかけや100以上のブランド所有者との合意が必要でした。認証マークの登録は、NVVが世界中で行っているナパヴァレーの名称を保護する活動に必要不可欠です。

「NVVは、消費者がワインラベルの虚偽表示によって被害を受けることがないよう積極的に活動を展開する、ワイン業界のリーダーです」と話すのは、ナパヴァレーにあるディキンソン・ピートマン&フォガーティ弁護士事務所の商標弁護士で、商標登録に関するNVVの顧問でもあるスコット・ゲリエン氏です。「ナパヴァレーの名称を守るために諸外国と交渉しているうちに、私たちは外国政府の協力を本当に仰ぐのであれば、まずは米国国内で然るべき地位を確立する必要があるということに気づきました。認証マークが登録されるまでには随分時間がかかりましたが、米国特許商標庁の協力には感謝しています。」

米国特許商標庁から認証マークを取得するためには、商標に「ナパ」の名称を使用するワイナリーやワイン関連のビジネスから50以上の契約書を取得し、商標がナパヴァレーのAVAの基準に合致していることを証明する必要がありました。認証マークの申請をした後も、新たな「ナパ」の商標所有者とさらに50の契約書を個別に結んで認証マークが実際に行使されていることを示しました。

「認証マークを取得するには長い時間がかかりましたし、手続きも煩雑でした」と話すのは、NVV政府交渉担当役員のレックス・スタルツ氏です。「もちろん認証マーク取得のお祝いにはナパヴァレーのスパークリングワインを開けました。」

米国で認証マークを取得したNVVですが、海外ではオーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、EU、インド、イスラエル、ニュージーランド、ノルウェー、台湾、タイ、トルコと、ナパヴァレーの名称を保護することで既に合意しています。今回米国で認証マークを取得したことで、さらに多くの国との交渉がしやすくなり、また世界の消費者を保護する活動にも弾みがつきます。


ナパヴァレー・ヴィントナーズについて
非営利生産者団体ナパヴァレー・ヴィントナーズは1944年の設立以来、所属する525を超える加盟ワイナリーに対し一貫して最高品質のワインを造ること、環境活動をリードすること、そして彼らが故郷と呼ぶナパヴァレーの特別な地を大切にすることの重要性を説き、卓越性を追求してきました。詳しくは www.napawine.jp をご覧ください。



<このニュース・リリースに関するお問い合わせ先>
ナパヴァレー・ヴィントナーズ 日本事務所
窓口:若下静
Email: Japan@napavintners.com
http://www.napawine.jp (日本語) 
米国ポテト協会 日本代表事務所 (本部:米国コロラド州デンバー/日本代表事務所:東京都港区) は、「毎月10日はアメリカンフライドポテトの日」の販促資材の申し込み受付を開始したことをお知らせいたします。

「毎月10日はアメリカンフライドポテトの日」は、ホクホクの食感、豊かなポテトの風味と長い形状のアメリカンフライドポテトを、より多くの方に楽しく食べてもらえるきっかけにするために、米国ポテト協会が申請し、日本記念日協会に認定されました。


【毎月10日の理由】

1:「1」は細長いアメリカンフライドポテトの形状
2:「0」は原料のラセットポテトの楕円形
3:アメリカンフライドポテトの最後の「ト」を、数字の「10」にかけて、
「トォ」と発音


【「毎月10日はアメリカンフライドポテトの日」の販促資材】

「毎月10日はアメリカンフライドポテトの日」を、店舗の販促イベントにご活用いただけるように、ポスターや店頭バナーなどの販促資材を用意しました。
さらに、2016年春キャンペーン期間中に、スピードくじセットや賞品などの販促資材もご提供します。
※2016年春キャンペーン販促資材の申し込み締め切りは、2016年5月31日(火)です。
※販促資材の内容は変更になる場合があります。数がなくなり次第終了させていただきます。
▼販促資材の詳細及びお申し込みはこちらから


【「毎月10日はアメリカンフライドポテトの日」の活用事例】

株式会社ファーストキッチンでは、「毎月10日はアメリカンフライドポテトの日」にちなみ、同社の看板メニューのひとつであるフレンチフライポテトとフレーバーポテトを対象に、ポテトポイントプレゼントキャンペーンを実施します。

<キャンペーン概要>
内 容: 通常、お支払い金額400円でポイントカード※に1ポイント押印に加え、対象メニュー1個購入につき、1ポイントを押印。
※ポイントの数に応じてファーストキッチンの商品と交換できます。
▼ファーストキッチンの店舗情報はこちらから

実施期間: 2015年12月10日(木)、2016年1月10日(日)及び2月10日(水)の3日間
実施店舗: ファーストキッチン全店 (錦糸町楽天地ダービービル東館店・東京競馬場店を除く)
対象メニュー: フレンチフライポテト S・M・Lサイズ・箱ポテ、フレーバーポテトM・Lサイズ・箱ポテ (コーンバター味ポテト、焦がしバター醤油味ポテト、じゃがバタ味ポテト、チキンコンソメ味ポテト、スパイシーチーズ味ポテト)


また、米国ポテト協会では、「毎月10日はアメリカンフライドポテトの日」
Facebookキャンペーンを開催中。
毎月10日に発表されるテーマについてコメントを書き込むだけで応募できる消費者向けキャンペーンです。応募者の中から抽選でプレゼントが当たります。
▼米国ポテト協会Facebook「もっと。アメリカンポテト」 


■ポテトの栄養価について
ポテトには、カリウム、ビタミンC、炭水化物、食物繊維が豊富に含まれていますが、脂質やコレステロールは「ゼロ」。そして、ポテト一個(約148g)のカロリーはわずか110kcalで、これは同量のご飯(精白米)の約半分のカロリーです。また、ポテトは、ブロッコリーやバナナよりもカリウムの含有量
が多く、「カリウムの王様」とよばれています。低カロリーで栄養豊富なポテトは、腹持ちがよいのも特長です。


■米国ポテト協会 http://www.potatous-jp.com/
米国ポテト協会は、全米約2,500のポテト生産者を代表する団体です。フライドポテト、ベイクドポテトやポテトフレークなど、米国産ポテトを原料にしたポテト製品の普及活動を行っています。米国ポテト協会のFacebook「もっと。アメリカンポテト」では、米国産ポテトに関するあらゆる情報を発信しています。
▼米国ポテト協会Facebook「もっと。アメリカンポテト」


<本リリースに関するお問い合わせ>
米国ポテト協会 日本代表事務所  
担当:友田、由田(よしだ)
TEL: 03-3586-2937 FAX: 03-3505-6353 
E-mail: info@potatous-jp.com

2015年11月19日 - カリフォルニア州セントヘレナ - ナパヴァレー・ヴィントナーズは、地域児童が学校で良い成績を収められるように支援する活動を行っている10の非営利団体に対して、計200万ドルを寄付すると発表しました。また、複数年にわたり実施されているナパ郡の子供たちの学力格差を縮めるためのナパヴァレー早期学習プログラム(Napa Valley Early Learning Initiative、略してNVELI)に、さらに100万ドルの追加支援を提供することを発表しました。


今回NVVから総額200万ドルの助成金を受け取る非営利団体は、18歳未満の2万人以上の児童を支援しています。それらの団体は、ビッグブラザーズ・ビッグシスターズ・オブ・ザ・ノースベイ、ボーイズ&ガールズ・クラブ・オブ・ナパヴァレー、ボーイズ&ガールズ・クラブス・オブ・セントヘレナ・アンド・カリストガ、チャイルドスタート、コミュニティー・リソーシズ・フォー・チルドレン、ナパ裁判所指定特別擁護団体(Napa Court Appointed Special Advocate、略してCASA)、ナパラーンズ、オンザムーブ、サマー・サーチが名を連ねます。また今年新たに支援を受けるのがエイム・ハイです。ベイエリアの同団体は、複数年にわたる中学生向けのサマー体験プログラムを提供し、児童の学力向上に加え、情操教育や環境教育、そしてリーダーシップの育成を行います。エイム・ハイは2016年6月に、初の夏期キャンパスをナパで開校します。


ナパヴァレー早期学習プログラムは英語を話せる児童と英語を学習中の児童の学力格差を縮めることを目的として複数年にわたり様々な方面から支援を行うもので、NVVがファースト・ファイブ・ナパカウンティと組んで2013年に立ち上げました。NVVは同プログラムに対して5年間で最大500万ドルを拠出することを約束しました。このプログラムにより2014/2015年度には1,500人以上の児童や保護者、教育者が支援を受けました。


「ナパヴァレー・ヴィントナーズには、学力を伸ばすだけでなく、生徒が人生を変えたり地域に貢献する活動を行う団体やプログラムを資金面から支えていただき、とても感謝しています。」と、ナパヴァレー統一学区(Napa Valley Unified School District)の最高責任者、パトリック・スウィーニー氏は語ります。「こうした学習の機会やリーダーシップを学ぶ機会は、子供たちが自身の世界を変えていく力になります。」


NVVによる児童教育への資金援助は、地域児童が学校で優秀な成績を収め、さらには生涯を通して豊かな人生を送るうえで役立っています。その影響は乳幼児から高校生まで、ひいてはその後の人生にまで及びます。NVVが今まで資金を提供してきたプログラムには、幼児教育をはじめ、テクノロジーやプロジェクトベースの学習プログラム、また家族支援プログラム、相談相手・リーダーシップ・イニシアチブ、メンタルヘルスサービス、夏期の充実体験、大学準備プログラムなどがあります。


ストーリーズ・オブ・インパクトおよびオークション・ナパヴァレーの収益が寄与した児童教育の支援を受けた人々の体験談はauctionnapavalley.org/givingからご覧ください。


◆オークション・ナパヴァレーについて
オークション・ナパヴァレーはNVVが毎年開催している地域のためのチャリティーイベントで、約35年にわたり世界で名高いナパヴァレーのワインとその景観美を活かしてナパヴァレーの住民の健康増進と福祉向上のために基金を集めてきました。今日に至るまでにNVVはオークション・ナパヴァレーで上げた1億5千万ドル以上の収益をナパ郡の非営利団体に寄付しています。詳しくはauctionnapavalley.orgをご覧ください。

◆ナパヴァレー・ヴィントナーズについて
非営利生産者団体ナパヴァレー・ヴィントナーズは1944年の設立以来、所属する525を超える加盟ワイナリーに対し一貫して最高品質のワインを造ること、環境活動をリードすること、そして彼らが故郷と呼ぶナパヴァレーの特別な地を大切にすることの重要性を説き、卓越性を追求してきました。詳しくはwww.napawine.jpをご覧ください。


◆受益団体について

◇エイム・ハイ
2016年の夏から、低所得世帯の二世の中学生80人を対象に、ナパ郡でプログラムの提供を開始します。同団体は、条件の面で恵まれない中学生に対し、複数年にわたって夏期プログラムを無償で提供し、夏休みの間に学習面で遅れを取ることのないように支援をしたり、次年度に向けた学習準備を行います。

◇ビッグブラザーズ・ビッグシスターズ
助けを必要とする子供たちに専門的な訓練を受けた助言者が対応します。同団体の助言プログラムは、暴力、薬物の乱用、青少年の非行防止において全米でも高い評価を得ています。

◇ボーイズ&ガールズ・クラブ・オブ・ナパヴァレー
人生で賢い選択をすること、健康的な生活を送ること、良い成績を収めるために努力することの利点を、プログラムやさまざまな機会を通じて子供たちに教えます。

◇ボーイズ&ガールズ・クラブス・オブ・セントヘレナ・アンド・カリストガ
子供たちが生まれ持った才能を伸ばすことができるように安全かつ前向きでユニークな場をあらゆる若者に提供し、能力を最大限発揮できるように促します。

◇チャイルドスタートInc.
生まれてから5歳になるまでの乳幼児の教育支援や、乳幼児の社会的、情緒的な発達を促すことを目的に、家族に焦点を当てた包括的で質の高い乳幼児のためのサービスを地域で提供しています。地域のヘッド・スタートやレイジング・ア・リーダー(本好きな子供に育てる)といったプログラムを運営しています。

◇コミュニティー・リソーシズ・フォー・チルドレン
ナパ群の子供たちの幼少期の保育や教育に必要となる資源を提供しています。



<このニュース・リリースに関するお問い合わせ先>
ナパヴァレー・ヴィントナーズ 日本事務所
窓口:若下静
Email: Japan@napavintners.com
http://www.napawine.jp (日本語)